ページトップ

学部受験生の方へ

トップページ>学部受験生の方へ>入学者の受入れに関する方針

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

静岡県立大学食品栄養科学部は、「生命科学の体系的な教育を基盤として、国際的に通用するコミュニケーション能力を備え、食と環境と健康に関する地域社会の課題からグローバルな問題までの解決に貢献できる人材を育成する」という本学部の目的を理解し、本学部で学びたいという意欲を持つ学生を求めています。
こうした学生を受け入れるため、静岡県立大学食品栄養科学部では、多様な選抜方法と多元的な評価尺度による入学者選抜を実施しています。

●食品生命科学科
食品生命科学科は、次のような学生を求めています。
  1. 食と健康に関心が高く、食を通して社会に貢献したいという意欲のある人
  2. 探求心があり、将来、食品技術者・研究者として活躍したい人
  3. 自ら考えて学ぶ意欲があり、地球的視点から多面的に物事を考えることができる人
  4. 専門的な知識と実践的な能力を身に付け、食品技術者として活躍することを目指す人
食品科学とその基礎をなす数学、物理、化学、生物学の習得に必要な学力を有し、食品の生産、開発、評価に必要な技術や、技術者として求められる探求心、論理的な思考力、多様な人々と連携・協働するためのコミュニケーション能力、総合的な問題解決能力を身に付けられる人を求めています。
●栄養生命科学科
栄養生命科学科は、次のような学生を求めています。
  1. 食と健康に関心が高く、人々の健康増進と保健・医療へ貢献したいという意欲がある人
  2. 栄養科学の専門家として、情報収集能力、論理的思考力、問題解決能力、コミュニケーション能力など、実社会で活躍するための実践的な能力を身につけたい人
  3. 病院、行政、小中学校等において管理栄養士または栄養教諭として活躍するために必要な基礎および専門的な知識と実践的な能力を身につけたい人
  4. 高度な専門知識と能力を身につけ、研究者、高度専門技術者、指導的立場を担う管理栄養士を目指す人
栄養科学とその基礎をなす数学、物理、化学、生物学の習得に必要な学力を有し、管理栄養士に必要な技術や、栄養科学分野の技術者として求められる探求心、論理的な思考力、多様な人々と連携・協働するためのコミュニケーション能力、総合的な問題解決能力を身に付けられる人を求めています。
●環境生命科学科
環境生命科学科は、次のような学生を求めています。
  1. 食と健康に関心が高く、より良い環境の創造を通して社会に貢献したい人
  2. フィールドワークや実験を根気強く行う忍耐力や集中力を有する人
  3. コミュニケーション能力を有し、他人と協調して自ら積極的に行動できる人
  4. 環境に関する地域の課題からグローバルな問題、さらには微生物からヒトまでの生命のしくみについて幅広い興味を有する人
  5. 高度な専門知識と能力を身につけ、研究者や高度専門技術者として指導的立場を担う環境の専 門家を目指す人
環境科学とその基礎をなす数学、物理、化学、生物学の習得に必要な学力を有し、環境に関わる諸問題の解決に必要な技術や、技術者として求められる探求心、論理的な思考力、多様な人々と連携・協働するためのコミュニケーション能力、総合的な問題解決能力を身に付けられる人を求めています。

  • サイトマップ
  • 関連サイト
  • お問合わせ一覧
  • アクセス
ページの先頭へ