ページトップ

食と健康に関わる環境分野で活躍できる人材の育成

環境生命科学科では、環境科学と生命科学を基盤に食とヒトの健康に関わる環境分野について学びます。健康の維持・増進を図るためには、安全・安心な食品や水の確保が重要であり、生命の生存基盤となる環境や生態系を保つことが不可欠です。環境が食を育み、食がヒトを育み、そしてヒトが環境を育む、そのサイクルを学ぶことにより、広い視野に立ち、多分野で活躍できる人材を育成します。他の環境系学科や農学系学科にはない「食とヒトの健康に関わる環境科学」を探求することができる新しい学科です。

1-2年次では、全学共通科目や化学、生物学、統計学、英語など学部基礎科目を重点的に学びます。 2-3年次では、有機化学、生化学、環境分析化学や生理学、環境健康科学、環境毒性学、植物環境学、発生遺伝学、環境微生物学、環境計量論などの専門科目が実験や実習とともに配置されています。さらに選択科目によって自分の興味を押し広げることができます。 3年次の後半には研究室に配属され、4年次にわたって卒業研究を行い、卒業論文をまとめて発表します。

本学科では、環境生命科学領域における幅広い知識と深い専門性を修得する意欲があり、鳥瞰的視野をもって積極的に行動できる人材を求めています。

大学院進学、環境コンサルタント業・試験研究機関への進路など多岐にわたる分野での活躍が期待されます。

取得が期待される資格など

環境生命科学科の履修課程には、環境計量士や公害防止管理者の資格取得に役立つと考えられるものが多く準備されています。

●環境計量士
経済産業省所管の国家資格。計量法に基づいて環境に関する濃度、騒音並びに振動についての計量結果を証明するうえで必要な資格。
●公害防止管理者
(社)産業環境管理協会が実施する試験に合格し、特定工場における、汚染・騒音・振動などの公害防止に関する技術的事項を管理する者。

環境生命科学科の教育理念・具体的な教育目標

  1. 食と健康に関する環境問題を地球規模で捉え、解決できる専門家を育成する。
  2. 環境科学の知識と技術が社会や健康に及ぼす効果と、環境技術者と食品技術者の社会に対する責任を理解させる。
  3. 食と健康に関わる環境科学を理解するために必要な自然科学および情報技術などに関する基礎知識を培う。
  4. 環境科学と生命科学を基盤とした総合的な知識と最先端の技術を有し、安全で安心な環境の下に健康長寿社会及び持続可能社会の構築に貢献する人材を育成する。
  5. 「食と環境」及び「健康と環境」に関する技術的・社会的問題を解決する方法を企画・提案し、遂行する能力を養う。
  6. 食と健康に関わる環境科学の専門家として、論理的な記述・発表・質疑応答・討論ができ、また英語による基礎的なコミュニケーションができる能力を養う。
  7. 環境科学の知識・技術・情報を自ら収集・理解し、それらを活用する能力を養う。
  8. 食と健康に関わる環境科学の専門家として、計画的に仕事を遂行し、協調性や指導力を発揮できる人材を育成する。

  • サイトマップ
  • 関連サイト
  • お問合わせ一覧
  • アクセス
ページの先頭へ