ページトップ

大学院(入学希望・在学生)の方へ

トップページ>大学院(入学希望・在学生)の方へ>食品栄養科学専攻 研究室と研究概要

研究室・教員
食品栄養科学専攻
環境科学専攻
協力研究室・附置研究室

食品科学大講座

食品機能制御学部門

研究室名 研究内容 主任教員名 教員名
食品分析化学
  • ・植物や食品中の生理機能成分の分析化学的研究
  • ・食品成分の生理活性評価研究
  • ・食品成分のメタボリックプロファイリング研究

教授:熊澤 茂則

 
ケミカルバイオロジー
  • ・天然有機化合物の生合成
  • ・代謝工学的手法による有用物質の微生物生産
  • ・ゲノム情報を基盤とした有用酵素の探索
准教授:鮒 信学 助教:長谷部 文人
食品工学
  • ・食品タンパク質の加熱変性と機能発現
  • ・豆乳の製造工程の見直し
  • ・生理活性物質の食品成分との相互作用
教授:下山田 真 助教:増田 勇人
食品化学
  • ・生体吸収性に優れたペプチド素材の開発
  • ・美味しさに寄与する味覚修飾ペプチドの解析と応用
  • ・機能性ペプチドの網羅的探索と創製
准教授:伊藤 圭祐  

食品安全解析学部門

研究室名 研究内容 主任教員名 教員名
食品有機化学
  • ・生活習慣病予防効果が期待されるファイトケミカルの合成研究
  • ・新規蛍光プローブの創製
  • ・環境に優しい物質変換反応の開発

教授:江木 正浩

助教:杉本 収
食品衛生学
  • ・食品中に存在する各種化学物質の安全性評価
  • ・食品成分等を用いた食中毒制御法の開発
  • ・各種食品素材の機能性および安全性の評価
准教授:増田 修一  
微生物学
  • ・機能性食品開発を視野に入れたプロバイオティクス研究
  • ・食品由来有害微生物の挙動と感染機序に関する研究
  • ・新興感染症起因細菌の実態解明と宿主感染寄生性機構に関する研究
教授:大橋 典男 助教:島村 裕子

細胞遺伝情報学部門

研究室名 研究内容 主任教員名 教員名
生物分子工学
  • ・パン酵母を用いた各種ハイスループット解析法の開発
  • ・産業用酵素・微生物の分子育種と食品製造プロセスへの応用
  • ・高効率な酵素生産系の開発・利用と新規な食品製造プロセスの創造
准教授:河原崎 泰昌 助教:田中 瑞己
植物機能開発
  • ・シロイヌナズナを用いた葉緑体機能発現に介在する制御機構の解明
  • ・自然環境ストレス耐性高光合成活性植物 (super-plant) の作出
  • ・遺伝子操作を基盤にした薬食生産のための植物の活用
教授:小林 裕和 助教:丹羽 康夫
食品蛋白質工学
  • ・X線結晶構造解析、計算科学的手法を用いた酵素・蛋白質の構造生物学
  • ・蛋白質工学、進化分子工学的手法を用いた酵素・蛋白質の機能改変及び応用
  • ・コンピュータ解析とin vitro実験を融合した新たな蛋白質工学手法の開発
准教授:伊藤 創平 助教:中野 祥吾
人類遺伝学
  • ・生活習慣病発症に関与する遺伝要因と環境要因(特に食生活)の相互作用に関する研究
  • ・ショウジョウバエを用いた生活習慣病関連遺伝子の機能解析
  • ・栄養摂取による個体の成長・成熟の仕組みに関する研究
教授:小林 公子 助教:大原 裕也

栄養科学大講座

栄養基礎科学部門

研究室名 研究内容 主任教員名 教員名
生化学
  • ・生体試料分析と生物活性試験による慢性炎症性疾患の分子機構解析
  • ・健康長寿社会実現に向けた腸内細菌代謝物のノンターゲット分析
  • ・有用成分を含む食素材のプロファイル解析と機能性評価法の新規開発
准教授:三好 規之 助教:橋詰 力
栄養化学
  • ・運動や不活動による骨格筋性状変化の解析と筋機能を維持・向上させるための食品成分・化合物の探索
  • ・運動や不活動による筋線維特性変化が疾病発症におよぼす影響
  • ・生活習慣病発症機序解明と診断マーカーの探索
教授:三浦 進司 助教:守田 昭仁
栄養生理学
  • ・栄養状態の変動に伴う遺伝子発現のエピゲノム制御
  • ・糖質消化吸収の制御による糖尿病発症・進展抑制の分子機構
  • ・代謝性疾患リスクを評価するための食後高血糖および関連炎症のバイオマーカーの開発と応用
教授:合田 敏尚 助教:本間 一江
生理学
  • ・タイト結合構成タンパクと栄養素吸収に関する研究
  • ・腸管NaCl吸収機構の分子機構の解明
  • ・モデル動物を用いた消化管の食性適応機構の機能的解明
准教授:林 久由 助教:石塚 典子

人間栄養衛生学部門

研究室名 研究内容 主任教員名 教員名
公衆衛生学
  • ・日本多施設共同コーホート研究(J-MICC Study)静岡・桜ヶ丘地区: 文部科学省研究費補助金により、日本人の生活習慣と遺伝子 (ヒトゲノム) が病気とどのように関連しているのかを調べる全国研究(10万人:2035年まで継続)、および、独自研究
  • ・わが国の効果的な健康づくり政策を確立する栄養疫学研究 (J-MICC Sakura Diet Study): ヒトゲノム、腸内常在菌プロファイルや尿中メタボローム、赤血球膜脂肪酸構成割合など「メガ・データ」を用いて、食生活習慣要因や生活習慣病との関連を検討
准教授:栗木 清典 助教:遠藤 香
栄養教育学
  • ・尿分析を用いた子どもの食生活と健康状態の評価とその保護者に対する健康・栄養教育方法の検討
  • ・健康・栄養教育への活用を目指したチューイングとヒスチジンの有用性の探索
  • ・生活習慣病予防・改善のための効果的な野菜摂取方法の探索と健康・栄養教育への応用
教授:桑野 稔子 助教:橋本 彩子
臨床栄養学
  • ・慢性腎臓病(CKD)患者における栄養学的問題および酸化ストレスに関する臨床的検討
  • ・筋肉量の評価を含む新しい栄養評価法の開発と評価に関する研究
  • ・栄養学的因子による慢性腎臓病と高血圧の制御に関する研究
教授:熊谷 裕通 助教:吉田 卓矢
臨床栄養管理学
  • ・吸収が緩慢な糖質の脂肪肝予防に対する作用機構の解析に関する研究
  • ・24時間蓄尿を用いたリン摂取量の把握および血清FGF23濃度に対する食行動の影響に関する研究
  • ・脂肪酸摂取の把握と血管内皮機構に関する研究
准教授:新井 英一  
フードマネジメント
  • ・食後高血糖を抑制する食事摂取方法に関する研究
  • ・機能性を有する食品の利用性と生活習慣病予防効果の検討
  • ・フードサービス産業を介した食環境整備の効果に関するフードシステム研究
准教授:市川 陽子 助教:佐野 文美
調理科学
  • ・穀類(米・小麦等)の新規加工技術の開発に関する研究
  • ・機能性成分を富化した加工食品の開発
  • ・咀嚼・嚥下しやすい高齢者食や介護食の開発
教授:新井 映子 助教:伊藤 聖子
※各教員のプロフィールは静岡県立大学の「教員データベース」でもご覧になれます。
食品栄養科学部/大学院食品栄養環境科学研究院教員一覧(教員データベース)

  • サイトマップ
  • 関連サイト
  • お問合わせ一覧
  • アクセス
ページの先頭へ