ページトップ

1 生命科学を基盤とした教育と研究

食品成分の機能性や個人ごとの栄養摂取量の提案など、 「食と健康」に関して大きな関心が寄せられています。 また、地球規模での食料生産や食品の安心・安全の問題、 環境汚染の問題等、「環境と健康」に関して多くの解決 すべき課題があります。これらの課題に取り組むため、 本学部では学際的な生命科学を基盤とした体系的な教育 と研究を展開しています。

2 三学科の緊密な連携

食品生命科学科は、栄養学を深く理解した食品科学者・ 食品技術者の養成を、栄養生命科学科は、食品学を完全 に習得した管理栄養士の養成を、環境生命科学科は、食 の安全とヒトの健康科学を理解した環境科学者・環境技 術者の養成をそれぞれの目標にしています。三学科は、 共通の講義や卒業研究における研究室配属、研究室間の 共同研究などの緊密な連携体制をとっており、人材育成 と研究の両面で成果をあげています。

3 活躍する卒業生

食品学科の卒業生は食品会社を中心とした民間企業に就職して、食品製造、品質管理、分析、商品開発に従事し、栄養学科の卒業生 は食品会社・病院・学校等で栄養士あるいは管理栄養士の資格を生かして活躍しています。大学院に進学する学生が多く、修士課程や博士課程修了後、国公立の 試験研究機関や企業の研究員、大学の教員として食品栄養科学や生命科学の発展に貢献しています。

関連リンク:食品生命科学科栄養生命科学科環境生命科学科進路状況

4 語学教育を強化

全学的に共通する英語科目(8単位)の内容をオーラルコミュニケーション、リスニング、TOEIC対策に特化しました。さらに、食品生命科学科は 食品科学英語(文法、科学英語)と食品生命科学英語(論文講読、生命科学リスニング)、栄養生命科学科は栄養生命科学英語の科目をそれぞれ増設しました。 これにより、専門分野の英語に関して「聞く」、「話す」、「読む」、「書く」の4種類の能力が習得できます。さらに海外での語学研修の機会も増えておりま す。

関連リンク:履修科目一覧

5 充実した設備

大学院生活健康科学研究科食品栄養科学専攻は本学部に直結した大学院です。この食品栄養科学専攻は、2002年度から5年間続いた文部科学省21世紀COEプロ グラムと、これに引き続き2007年4月にスタートした同グローバルCOEプログラム「健康長寿科学教育研究の戦略的新展開」の中心専攻になっています。 これらによる本学部の設備の充実を図っており、最先端の科学機器を駆使した研究が展開されています。

関連リンク:教育施設等

このように、大学院食品栄養科学専攻と併せて、本学部 は教育・研究の質の高さと就職率・就職先、あるいは管理栄養士の国家試験における合格率において極めて高い実績を残しております。


  • サイトマップ
  • 関連サイト
  • お問合わせ一覧
  • アクセス
ページの先頭へ