ページトップ

最新の生命科学を基礎に食品の先端的技術開発を目指す

食品生命科学科では物質としての食品を扱います。
食品の一番大切な役割、栄養として体を作ったりエネルギーの源となったりすることを説明するにも、蛋白質、糖質、脂質といった化学の言葉が必要です。
最近注目されている「食品の機能性」を学ぶのにも、食品成分に関する知識や、ヒトの栄養や生命科学に関する理解が必要です。
食品生命科学科では、食品分野を先端的に担う人材を育てるために、基礎から専門まで幅広いカリキュラムを配置しています。

1-2年次では、全学共通科目や化学、物理学、生物学、統計学、英語など学部基礎科目を重点的に学びます。
2-3年次では、食品学、有機化学、生化学、遺伝子工学や食品衛生学、食品加工貯蔵学、微生物生産学、食品工学などの専門科目が実験や実習とともに配置されています。
さらに選択科目によって自分の興味を押し広げることができます。
3年次の後半には研究室に配属され、4年次にわたって卒業研究を行い、卒業論文をまとめて発表します。

卒業生の多くは食品関連企業で特定保健用食品などの開発に関わることになりますが、それに必要な最先端の生命科学・技術を身につけ科学的な見方ができることを重視しています。また、大学院に進学し、さらに高度な食品技術者・研究者を目指すことも期待されています。

学生実習:遺伝子組換え

学生実習:遺伝子組換え

学生実習:PCR

学生実習:PCR


取得できる資格など

所定の課程を修了すると食品生命科学科卒業生は食品衛生監視員、食品衛生管理者の資格を取得することができます。
食品生命科学科のカリキュラムは、JABEE(日本技術者教育認定機構)認定技術者教育プ ログラムとなっております(以下の「食品生命科学科の教育理念・具体的な教育目標」 参照)。

●食品衛生監視員
厚労省により認定される資格で、国・都道府県等における食品衛生に関する指導を実施するために、厚生労働大臣または都道府県知事によって命ぜられる。
(食品衛生法参照)
●食品衛生管理者
衛生上の考慮を必要とする食品や添加物の製造・加工を行う会社・企業が、その施設ごとに設置するよう食品衛生法で義務づけられている職種

食品生命科学科の教育理念・具体的な教育目標

  1. 食に関する科学技術の発展が社会生活や文化に与える影響について、地球規模で捉えることができる人材を育成する。
  2. 食品技術の社会や健康に対する効果と、食品技術者の社会に対する責任を理解させる。
  3. 食品栄養科学を理解するために必要な自然科学および情報技術などに関する基礎知識を培う。
  4. 食品栄養科学と生命科学に関する広範な知識と関連技術を駆使して、問題を解決できる能力を養う。
  5. 食に関する技術的・社会的問題を解決する方法を企画・提案し、遂行する能力を養う。
  6. 食品技術者として、論理的な記述・発表・質疑応答・討論ができ、また英語による基礎的なコミュニケーションができる能力を養う。
  7. 食に関する知識・技術・情報を自ら収集・理解し、それらを活用する能力を養う。
  8. 食品技術者として計画的に仕事を遂行し、協調性や指導力を発揮できる人材を育成する。

  • サイトマップ
  • 関連サイト
  • お問合わせ一覧
  • アクセス
ページの先頭へ