ページトップ

一般・企業の方へ

トップページ>一般・企業の方へ>研究室と研究概要

環境科学専攻は、<地域・地球環境学コース>、<環境生命科学コース>、<環境共生学コース>の
3コースより成ります。ここでは、各コースの研究室と研究内容、教員を紹介します。

地域・地球環境学コース

大気、水、森林、海洋といった各種のフィールドでの観察を通して、有害化学物質の汚染や地球温暖化などによる地域・地球環境の変動を分析・評価します。

研究室名 研究内容 主任教員名 教員名
大気環境研究室
  • ・大気汚染物質の発生、動態、曝露評価に関する研究
  • ・室内空気中の有害物質の計測及び除去に関する研究
  • ・多環芳香族炭化水素誘導体の高感度分析法とリスク評価に関する研究
准教授:雨谷 敬史 助教:三宅 祐一
水質・土壌環境研究室
  • ・アジア大陸からの有害元素の越境汚染に関する研究
  • ・内湾、湖沼における有害元素の収支と負荷源に関する研究
  • ・環境中における有害元素の生物濃縮に関する研究
教授:坂田 昌弘  
物性化学研究室
  • ・農薬や防疫用薬剤の分解、変換、代謝生成物に由来する受容体作用能に関する研究
  • ・ドッキングや量子化学計算に基づく受容体と低分子化合物との相互作用に関する研究
  • ・分子認識過程で観られる熱力学的補償関係と同族性に関する研究
准教授:牧野 正和 助教:徳村 雅弘
植物環境研究室
  • ・大気中に存在する多種の有害ガスの植物による浄化機能の解明と、植物を利用した環境浄化の試み
  • ・植物が生産する香り物質であるテルペン類の放出におよぼす環境要因の影響解明と日本での年間排出量の推定
  • ・制御環境下で光や二酸化炭素など栽培環境要因を調節することによる作物の増産と高品質作物の生産研究
教授:谷 晃 助教:望月 智貴
環境微生物学研究室
  • ・汽水域を中心とした水域の微生物組成と生態系への影響に関する研究
  • ・金属イオン酸化還元反応の活性を有する微生物の検索と応用に関する研究
  • ・湖沼堆積物を用いた微生物マーカーによる環境変動に関する研究
  • ・水産資源生産に影響を及ぼす微生物群に関する研究
准教授:谷 幸則 助教:内藤 博敬
ページの先頭へ

環境生命科学コース

微生物からヒトまで、多彩な生命現象を学び、生体の環境応答、環境因子のヒトの健康への影響、そして生命を守るための予防について研究します。

研究室名 研究内容 主任教員名 教員名
生態発生遺伝学研究室
  • ・性分化の分子機構の解明
  • ・性的可塑性能の分子機構の解明
  • ・野生生物への環境リスクの解析
  • ・環境要因に対する生体応答性の差異の機構解明:遺伝的脆弱性の分子機構
教授:小林 亨 助教:明正 大純
光環境生命科学研究室
  • ・環境汚染物質と光の複合生体影響に関する研究
  • ・紫外線発がんの分子メカニズム(エピジェネティック変化、アポトーシス、活性酸素と発がんとのバランス)に関する研究
  • ・エピジェネティック変化を指標とした化学物質の新規リスク評価系の開発
教授:伊吹 裕子  
生体機能学研究室
  • ・環境、社会的ストレスと生体応答
  • ・環境、社会的ストレスと生体リズム
  • ・環境、社会的ストレスに起因する疾病の食品因子による予防に関する研究
教授:下位 香代子  
ページの先頭へ

環境共生学コース

未来の、豊かで快適な環境を創成することを目指し、水・土壌環境の保全、安全な水の供給、化学物質と健康、人と環境に優しい材料の開発等に関する研究を進めます。

研究室名 研究内容 主任教員名 教員名
環境工学研究室
  • ・微生物を用いた再生可能資源(バイオマス)からの有用物質生産に関する研究
  • ・微生物の細胞内エネルギー向上による有用物質生産性向上に関する研究
  • ・微生物を用いた機能性化合物(食品・飼料・肥料・医薬品・化粧品など)の発酵生産に関する研究
准教授:原 清敬 助教:関川 貴寛

環境政策研究室

食品環境研究センター(大学院附置センター)
特任教授/センター長 若林敬二
食品栄養環境科学研究院
助教:斎藤貴江子、藁科 力
※各教員のプロフィールは静岡県立大学の「教員データベース」でもご覧になれます。
食品栄養科学部/大学院食品栄養環境科学研究院教員一覧(教員データベース)

  • サイトマップ
  • 関連サイト
  • お問合わせ一覧
  • アクセス
ページの先頭へ