静岡県立大学大学院 薬食生命科学総合学府 本文へジャンプ
大気環境研究室 (教授 雨谷敬史、助教 三宅祐一)

大気環境研究室では、 大気環境および室内環境における有害化学物質に焦点を当てて、分析方法の開発、汚染評価、汚染源解析、リスク評価を柱にして、大気汚染と健康影響の関係解明を目指しています。


大気環境および室内環境における有害化学物質の分析・汚染評価・リスク評価に関する研究」に携わりたいという学生さんを募集しています。意欲がある方であれば、出身学部やこれまでの経験は問いません。これまで分析機器を扱っていなかった方でも大気汚染(PM2.5PAHs等)や環境分析、健康影響評価に興味ある方、メールでご連絡ください。社会人の方、外部卒研生の受け入れも歓迎します。

平成30年度入学生(博士前期・後期課程)の受付期間は、下記の通りです。ご関心のある方は、早めにお問い合わせください。 

  • 自己推薦 6月9日~6月15日
  • 前期一次 7月19日~7月25日
  • 後期一次 7月7日~7月13日
  • 前期・後期二次 1月26日~2月1日

更新履歴&NEWS
2017/09/15 当研究室のB4古川さんが、環境科学会2017年会で最優秀発表賞を受賞しました。
2017/09/14 環境科学会2017年会が北九州で行われ、雨谷教授がシンポジウム「室内環境中の代替難燃剤に対するリスク評価と今後の展開」を開催しました。(研究室関連の発表:計5件
2017/08/20 37th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants(Dioxin2017)がVancouver(Canada)で行われ、当研究室のメンバーが研究発表を行いました。(研究室関連の発表:5件詳細はこちら
2017/07/02 Healthy Buildings 2017がLublin(Poland)で行われ、当研究室のメンバーが研究発表を行いました。(研究室関連の発表:2件
2017/07/01 王斉 特任助教が着任し、研究室スタッフが拡充されました。
2017/06/08 当研究室の王斉特任助教とB4増田さんが、第26回環境化学討論会で優秀発表賞を受賞し、B4古川さんがRSC(Royal Society of Chemistry)賞を受賞しました。 
詳細はこちら
2017/06/07 第26回環境化学討論会が静岡で行われ、当研究室のメンバーが研究発表を行いました。(研究室関連の発表:計13件
2017/04/06 当研究室のメンバー一覧を更新しました。
 2017/04/01 平成29年度厚生労働科学研究費補助金(化学物質リスク研究事業)「室内環境中の化学物質リストに基づく優先取組物質の検索とリスク評価」(研究代表者:雨谷敬史)(2017~2019)が採択されました。
2017/04/01 徳村雅弘 特任助教が本学物性化学研究室に助教として移動しました。
2016/12/25 当研究室の三宅助教と徳村特任助教が、バングラデシュのダッカ大学で招待講演を行いました。今後の共同研究を模索していきます。
2016/12/15 平成28年度室内環境学会学術大会がつくばで行われ、当研究室のメンバーが研究発表を行いました。(研究室関連の発表:計5件
2016/10/12 当研究室の学生が、The 9th International PCB WorkshopにおいてSpecial Awardを受賞しました。詳細はこちら
2016/09/09 当研究室の徳村特任助教と三宅助教が、公益社団法人環境科学会の2016年度優秀研究企画賞(富士電機賞)を受賞しました。詳細はこちら
2016/08/25 鉄鋼環境基金助成研究 2016年度助成研究成果表彰が東京で行われ、三宅助教が受賞講演を行いました。
2016/05/26 当研究室の三宅助教が、公益財団法人 鉄鋼環境基金 2016年度助成研究成果表彰において、技術委員長賞を受賞しました。受賞対象研究は「臭素系難燃剤HBCD のリスク低減のための焼却技術開発と燃焼副生成物質 の網羅的把握」です。詳細はこちら
2016/05/10 論文等一覧社会活動を更新しました。
2016/05/01 甲斐葉子 研究補助員が新たにメンバーに加わりました。
2016/04/08 平成27年度 静岡県立大学大学院 入学式が行われ、当研究室のメンバー一覧を更新しました。
2016/04/02 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(A)「ハロゲン化多環芳香族炭化水素類とその誘導体の網羅的同定とリスクスクリーニング」(研究代表者:三宅祐一)(2016~2019)が採択されました。詳細はこちら
2016/04/01 徳村雅弘 特任助教が着任し、研究室スタッフが拡充されました。
2016/02/02 富士山麓A&S 2015において、当研究室の学生がポスター発表優秀賞を受賞しました。
 2015/07/16 環境省 環境研究総合推進費補助金「廃棄物の焼却処理に伴う化学物質のフローと環境排出量推計に関する研究」(分担)(研究代表者:小口正弘 国立環境研究所)(2015~2017)が採択され、三宅助教が参画します。詳細はこちら
 2015/04/28 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)「子どもの室内空気汚染物質への曝露評価および健康リスク低減に向けての提案」(分担)(研究代表者:高橋ゆかり 富山国際大学)(2015~2017)が採択され、雨谷准教授が参画します。詳細はこちら
 2015/04/28 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B)「モンゴル国の都市化とモータリゼーションに起因する重金属汚染の実態と遊牧業への影響」(研究代表者:戸敷浩介 宮崎大学)(2015~2018)が採択され、三宅助教が参画します。詳細はこちら
2014/10/28 公益財団法人鉄鋼環境基金、環境研究助成(若手研究)「臭素系難燃剤HBCD のリスク低減のための焼却技術開発と燃焼副生成物質の網羅的把握」(研究代表者:三宅祐一)(2014~2015)が昨年に引き続き採択されました。詳細はこちら
2014/05/16 第23回環境化学討論会において、当研究室の学生が実行委員会特別賞を受賞しました。
 2014/04/01 平成26年度厚生労働科学研究費補助金(化学物質リスク研究事業)「室内環境中の未規制物質の網羅的解析に関する研究」(研究代表者:雨谷敬史)(2014~2016)が採択されました。
2013/12/17 当研究室の三宅助教が、3ヶ月間の海外研修を終え、帰国しました。詳細はこちら
2013/11/01 公益財団法人鉄鋼環境基金、環境研究助成(若手研究)「臭素系難燃剤HBCD のリスク低減のための焼却技術開発と燃焼副生成物質の網羅的把握」(研究代表者:三宅祐一)(2013~2014)が採択されました。詳細はこちら
2013/09/18 当研究室の三宅助教が、3ヶ月間の海外研修のためにアメリカへ出発しました。(滞在先:Wadsworth Center, New York State Dept of Health, Albany, USA、受入研究者:Prof. Kurunthachalam Kannan)
2013/08/30 当研究室の三宅助教が、公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団助成金贈呈式において受賞講演を行いました。詳細はこちら
2013/06/13 当研究室の三宅助教が、クリタ 水・環境科学研究優秀賞を受賞しました。2013/8/30に受賞講演を行う予定です。
2012/11/15 社団法人環境科学会編「日本の環境研究室~百選~」において、当研究室が紹介されました。
2012/10/31 環境研究総合推進費補助金「廃棄物焼却施設におけるハロゲン化多環芳香族炭化水素類の生成機構解析とリスクベース管理手法の提案」(研究代表者:三宅祐一)(2011~2013)の中間評価結果が公表されました。(総合評価A詳細はこちら
2012/07/18 クリタ水・環境科学振興財団、国内研究助成(一般研究)「水環境を経由した次世代残留性有機汚染物質の曝露評価と未規制リスク因子の探索」(研究代表者:三宅祐一)(2012~2013)が採択されました。詳細はこちら
2011/10/06 当研究室の三宅助教が、社団法人環境科学会の2011年度優秀研究企画賞(富士電機賞)を受賞しました。詳細はこちら
 2011/06/08 環境研究総合推進費補助金(循環型社会形成推進科学研究費補助金)「廃棄物焼却施設におけるハロゲン化多環芳香族炭化水素類の生成機構解析とリスクベース管理手法の提案」(研究代表者:三宅祐一)(2011~2013)が採択されました。詳細はこちら
 2011/04/11 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B)「高リスク大気中六価クロムの極微量分析技術の高度化・評価活用と発生源・発生機構解明」(分担)(研究代表者:小林剛 横浜国立大学)(2011~2013)が採択されました。詳細はこちら
                                                       

研究内容 研究室メンバー お問い合わせ
最近の研究テーマと研究業績、
社会活動、講義等をご紹介しま
す。
研究室のメンバーおよび卒
業生をご紹介します。
研究室への共同研究やご相
談に関するメールをお送りく
ださい。
 
 
 

研究室イベント NEWS リンク
最近の研究室活動やイベントに
ついてご紹介します。

過去の更新履歴とNEWSを
ご紹介します。

関連リンクをご紹介します。