静岡県立大学大学院 薬食生命科学総合学府 本文へジャンプ
研究業績、社会活動、講義等


  学会誌等における論文一覧    学会発表一覧    社会活動・講義など



学会発表一覧(2009年~)

2016年
Amagai T., Miyake Y., Wang Q., Bai H., Noguchi M., Nakai S.: A preliminary study for nicotine exposure of the passive smokers by using passive sampler, The 14th International Conference of Indoor Air Quality and Climate (Indoor air 2016) (2016) 
Miyake Y., Nakayama H., Amagai T., Ogo S., Kume K., Kobayashi T., Takasu S., Ogawa K.: Simultaneous determination of alternative flame retardants of hexabromocyclododecane in curtain, The 14th International Conference of Indoor Air Quality and Climate (Indoor air 2016) (2016)
Wang Q., Nakayama H., Miyake Y., Amagai T., Kume K.: Concentrations of new flame retardants in house dust from Japan, The 14th International Conference of Indoor Air Quality and Climate (Indoor air 2016) (2016)
Wang ZW., Wang Q., Miyake Y., Amagai T., Fukushima Y., Suzuki Y., Enomoto T.: Evaluation of a tube-type passive sampler in the chamber by the methods described in ISO 16107, The 14th International Conference of Indoor Air Quality and Climate (Indoor air 2016) (2016)
Miyake Y., Tokumura M., Iwazaki Y., Wang Q., Amagai T., Horii Y., Otsuka H., Tanikawa N., Kobayashi T., Oguchi M.: An analytical method for trace levels of hexavalent chromium in stack gas using ion chromatography, The 5th International Conference on Industrial and Hazardous Waste Management (CRETE 2016), (2016)
Miyake Y., Halogenated Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in Soil and River Sediment from E-waste Recycling Sites in Vietnam, Special Seminar on Environmental Sciencese, University of Dhaka, Bangladesh. December, 2016【依頼講演】 
Tokumura M., Development of wastewater treatment process using Iron, Special Seminar on Environmental Sciencese, University of Dhaka, Bangladesh. December, 2016【依頼講演】 
雨谷敬史:室内環境中の未規制物質の網羅的解析・管理への展開(シンポジウム:室内環境中の難燃剤に対するリスク評価とその課題),環境科学会2016年会,2016年9月.【シンポジウム講演】
三宅祐一,徳村雅弘,雨谷敬史:ハウスダスト中のリン系・臭素系難燃剤の汚染実態調査と曝露・リスク評価(シンポジウム:室内環境中の難燃剤に対するリスク評価とその課題),環境科学会2016年会,2016年9月.【シンポジウム講演】
三宅祐一:臭素系難燃剤HBCDのリスク低減のための焼却技術開発と燃焼副生成物質の網羅的把握,鉄鋼環境基金助成研究 受賞講演会,2016年8月.【受賞講演】
王斉,中山勇人,三宅祐一,雨谷敬史:カーテンに含まれる有機リン系・臭素系化合物の定性分析,第25回環境化学討論会(新潟),p235-236,2016年6月.
三宅祐一,岩崎悠太,王斉,雨谷敬史:廃棄物焼却排ガス中の六価クロム測定法の開発,第25回環境化学討論会(新潟),p602-603,2016年6月.
阮 允豪,王 志偉,三宅祐一,雨谷敬史:パッシブサンプラーの除湿装置に関する研究,第25回環境化学討論会(新潟),p580-581,2016年6月.
Miyake Y., Wang Q., Amagai T., Suzuki G., Matsukami H., Tue N.M., Takahashi S., Tanabe S., Tuyen L.H., Viet P.H., Takigami H.: Concentration profiles of halogenated polycyclic aromatic hydrocarbons in soil and river sediment from recycling sites in Vietnam, 36th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin2016), Firenze, Italy (2016)
Tokumura M., Miyake Y., Wang Q., Nakayama H., Amagai T., Ogo S., Kume K., Kobayashi T., Takasu S., Ogawa K.: Analytical Methods for Phosphorus Flame Retardants – A Comparison among GC-EI-MS, GC-NCI-MS, and LC-APCI- MS/MS, 36th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin2016), Firenze, Italy (2016)
徳村雅弘,三宅祐一,岩崎悠太,王 斉,雨谷敬史,堀井勇一,大塚英幸,谷川昇,小林剛,小口正弘:廃棄物焼却施設からの排煙に含まれる六価クロムの測定,第27回廃棄物資源循環学会研究発表会(和歌山),p.507-508,2016年9月.
徳村雅弘,甲斐葉子,王 斉,三宅祐一,雨谷敬史:ハウスダストを介した臭素・リン系難燃剤の曝露のリスク評価,環境科学会2016年会(横浜),p77,2016年9月.
林知美,新田しおり,山口里奈,徳村雅弘,三宅祐一,雨谷敬史:パーソナルケア製品中に含まれるパラベン類のリスク評価,環境科学会2016年会(横浜),p90,2016年9月. 
王 斉,三宅祐一、雨谷敬史:難燃カーテンに含まれるヘキサブロモシクロドデカン代替物質に調査,環境科学会2016年会(横浜),p57,2016年9月.  
阮允豪,王 斉,三宅祐一,雨谷敬史:DNPHを用いたグリオキサールの分析法に関する研究,環境科学会2016年会(横浜),p64,2016年9月.  
王 志偉,王 斉,三宅祐一,雨谷敬史:市販の捕集剤による作業環境物質の回収率に関する研究,環境科学会2016年会(横浜),p67,2016年9月.
Wang Q., Miyake Y., Tokumura M., Amagai T., Horii Y., Minomo K., Ohtsuka N.: Concentrations of Halogenated Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in Atmosphere in Japan, The 9th International PCB Workshop, Kobe, Japan (2016)
王斉,三宅祐一,徳村雅弘,甲斐葉子,雨谷敬史,武川泰啓,山岸陽子:完全溶解法を用いた難燃後加工カーテン中の未知剤精密質量数に基づ定性分析手法の開発,平成28年度室内環境学会学術大会(つくば),2016年12月.
阮 允豪,王斉,三宅祐一,雨谷敬史:室内空気中のグリオキサール測定に関する研究,平成28年度室内環境学会学術大会(つくば),2016年12月.
王志偉,王斉,徳村雅弘,三宅祐一,雨谷敬史,福島靖弘,鈴木義浩,榎本孝紀:パッシブサンプラー評価用チャンバーの改良,平成28年度室内環境学会学術大会(つくば),2016年12月.
徳村 雅弘,三宅祐一,王斉,甲斐葉子,雨谷敬史,小郷 沙矢香,久米一成,小林 剛,高須伸二,小川久美子:ハウスダト中の臭素・リン系難燃剤曝露・リスク評価,平成28年度室内環境学会学術大会(つくば),2016年12月.
新田しおり,林 知美,山口里奈,徳村 雅弘,三宅祐一,雨谷敬史:確率論的リスク評価ツールを用いたパソナケア製品中のパラベン類複合曝露による健康リスク評価,平成28年度室内環境学会学術大会(つくば),2016年12月.
徳村雅弘,三宅祐一,雨谷敬史:鉄を使った新しい排水処理法の開発, 富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2016(ふじさんめっせ),p.56,2016年12月.
王志偉,王斉,徳村雅弘,三宅祐一,雨谷敬史:作業環境中の有害物質の活性炭からの回収率に関する検討, 富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2016(ふじさんめっせ),p.57,2016年12月.
阮允豪,王斉,三宅祐一,雨谷敬史:室内空気中のグリオキサールの分析法における工夫点, 富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2016(ふじさんめっせ),p.58,2016年12月.
王斉,三宅祐一,徳村雅弘,甲斐葉子,雨谷敬史:難燃カーテンに含まれる未知難燃性化合物の分析法の開発, 富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2016(ふじさんめっせ),p.59,2016年12月.
2015年
Miyake Y, Nakayama H, Amagai T, Ogo S, Kume K, Kobayashi T, Takasu S, Ogawa K: An analytical method for simultaneous determination of alternative flame retardants of hexabromocyclododecane in indoors, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), Hawaii, Dec.15-20, 2015. 
中山勇人,王斉,三宅祐一,雨谷敬史:カーテン中に含まれる有機リン系及び臭素系難燃剤の一斉分析,平成27年度室内環境学会学術大会(沖縄),p 158-159,2015年12月.
王志偉,王斉,三宅祐一,雨谷敬史,福島靖弘,鈴木義浩,榎本孝紀:チャンバーを用いたパッシブサンプラーで捕集したVOCの逆拡散に関する研究,平成27年度室内環境学会学術大会(沖縄),p 148-149,2015年12月.
羅習文,王斉,三宅祐一,雨谷敬史,福島靖弘,鈴木義浩,榎本孝紀:DNPH アクティブサンプラーを用いたグルタルアルデヒドの分析方法の開発,平成27年度室内環境学会学術大会(沖縄),p 146-147,2015年12月.
白歓,王斉,三宅祐一,雨谷敬史:ニコチンパッシブサンプラーを用いた受動喫煙の曝露量測定法に関する研究,平成27年度室内環境学会学術大会(沖縄),p 108-109,2015年12月.
王斉,中山勇人,三宅祐一,雨谷敬史,久米一成:ハウスダスト中の臭素系及びリン系難燃剤の実態調査,平成27年度室内環境学会学術大会(沖縄),p 106-107,2015年12月.
阮允豪,王志偉,三宅祐一,雨谷敬史:パッシブサンプラーの湿度の影響低減に関する研究,富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2015(静岡),2015年12月.
王斉,中山勇人,三宅祐一,雨谷敬史,久米一成:ハウスダストに含まれる残留性有機化合物の評価,富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2015(静岡),2015年12月.
王志偉,王斉,三宅祐一,雨谷敬史:置いておくだけで捕集するパシッブサンプラーの評価チャンバー,富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2015(静岡),2015年12月.
中山勇人,王斉,三宅祐一,雨谷敬史:カーテン中の難燃剤成分の分析法,富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2015(静岡),2015年12月.
白歓,三宅祐一,雨谷敬史:非喫煙者の曝露量も評価できるニコチン分析法,富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2015(静岡),2015年12月.
羅習文,王斉,三宅祐一,雨谷敬史:殺菌消毒剤グルタルアルデヒドの分析法,富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2015(静岡),2015年12月.
雨谷敬史:室内環境中の未規制物質の網羅的解析に関する研究について,環境科学会2015年会(大阪),2015年9月.【シンポジウム講演】  
三宅祐一,雨谷敬史:市販カーテン中の新規難燃剤の分析法開発と含有量調査,環境科学会2015年会(大阪),2015年9月.【シンポジウム講演】  
中山勇人,三宅祐一,雨谷敬史:室内環境中に含まれる有機リン系及び臭素系難燃剤の一斉分析,環境科学会2015年会(大阪),p.50,2015年9月.  
Miyake Y, Wang Q, Amagai T, Horii Y: Decomposition rate of hexabromo- cyclododecane (HBCD) and its by-products, 35th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin2015), São Paulo, Aug.23-28, 2015. 
Wang Q., Miyake Y., Amagai T., Suzuki G., Matsukami H., Tue N. M., Takahashi S., Tanabe S., Tuyen L. H., Viet P. H. and Takigami H.: Halogenated polycyclic aromatic hydrocarbons in soil and river sediment from e-waste recycling sites in Vietnam, Water and Environment Technology Conference 2015 (WET2015), Tokyo, Aug.5-6, 2015. 
三宅祐一,王斉,雨谷敬史:室内燃焼炉を用いた臭素系難燃剤HBCDの分解挙動解析,第24回環境化学討論会(北海道),P-043,2015年6月.   
中山勇人,三宅祐一,雨谷敬史:有機リン系及び臭素系難燃剤のLC-MSによる分析法の開発,第24回環境化学討論会(北海道),1B-02,2015年6月.  
王斉,三宅祐一,雨谷敬史,鈴木剛,松神秀徳,Nguyen Minh Tue,高橋真,田辺信介,Le Huu Tuyan, PhamHung Viet,滝上英孝:ベトナムのE-wasteリサイクル周辺地におけるハロゲン化多環芳香族炭化水素類の環境汚染実態調査,第24回環境化学討論会(北海道),1A-03,2015年6月.   
三宅祐一:臭素系難燃剤HBCDのリスク低減のための焼却技術開発と燃焼副生成物質の網羅的把握,鉄鋼環境基金助成研究 研究討論会(東京),2015年3月.【依頼講演】 
2014年
白歓,三宅祐一,雨谷敬史:ニコチンパッシブサンプラー/HPLC 法による環境中タバコ煙(ETS)の曝露量測定法,平成26年度室内環境学会学術大会(東京),p 118-119,2014年12月.
羅習文,王斉,直井知之,三宅祐一,雨谷敬史:DNPH パッシブサンプラーを用いたホルムアルデヒドの捕集後保管方法,平成26年度室内環境学会学術大会(東京),p 108-109,2014年12月.
中山勇人,三宅祐一,雨谷敬史:室内環境中に含まれるリン酸エステル類の測定手法とその応用,平成26年度室内環境学会学術大会(東京),p 106-107,2014年12月.
王志偉,王斉,直井知之,三宅祐一,雨谷敬史,福島靖弘,鈴木義浩,榎本孝紀:チャンバーを用いたパッシブサンプラーの性能評価―温度、湿度、気流の影響,平成26年度室内環境学会学術大会(東京),p 104-105,2014年12月.
白歓,三宅祐一,雨谷敬史:ニコチンパッシブサンプラー/HPLC法による環境中たばこ煙(ETS)の曝露量測定法,富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2014(ふじさんめっせ),2014年11月.
チャン ヴァン マイ,三宅祐一,雨谷敬史:燃焼による塩化ピレンに関する研究,富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2014(ふじさんめっせ),2014年11月.
羅習文,王斉,直井知之,三宅祐一,雨谷敬史:DNPHを用いたアルデヒド分析における問題点,富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2014(ふじさんめっせ),2014年11月.
王志偉,王斉,三宅祐一,雨谷敬史:吸着剤による室内汚染物質の吸脱着能の評価,富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2014(ふじさんめっせ),2014年11月.
中山勇人,三宅祐一,雨谷敬史:室内環境中に含まれるリン酸エステル類の測定手法とその応用,富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2014(ふじさんめっせ),2014年11月.
Amagai T, Bai H, Miyake Y: An Analytical Method for Personal Exposure to Nicotine by Using a Passive Sampler and HPLC Methods, International Conference on Asian Environmental Chemistry 2014, Thailand, Nov.24-26, 2014. 
Amagai T., Bai H. and Miyake Y.: Analysis of nicotine exposure by the passive sampler/ HPLC method. The 11th Japan-China International Symposium on Health Sciences, p 13, Shizuoka, Nov. 5-6, 2014. 
雨谷敬史:室内環境中の未規制物質へのアプローチ,環境科学会2014年会(つくば),2014年9月.【シンポジウム講演】
山下裕太,姫旭,小林剛,亀屋隆志,藤江幸一,三宅祐一,久保隆:大気中六価クロムの濃度変動への主要な影響因子の検討,第55回大気環境学会(愛媛),2014年9月.
Miyake Y, Wang Q, Amagai T, Horii Y: Formation Mechanism of chlorinated Pyrene in combustion of polyvinyl chloride, 34th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin2014), Madrid, Aug.31-Sep.5, 2014. 
雨谷敬史,白歓,三宅祐一:パッシブサンプラー/HPLC を用いたニコチン曝露量の測定法,第23回環境化学討論会(京都),2B-07,2014年5月.  
三宅祐一,王 斉,雨谷敬史,堀井勇一:生成・分解速度解析に基づく燃焼副生成する塩素化ピレンの生成機構調査,第23回環境化学討論会(京都),P-051,2014年5月.  
王 斉,三宅祐一,雨谷敬史,堀井勇一,野尻喜好,大塚宜寿:実験炉と実施設データの比較によるハロゲン化多環芳香族炭化水素類の生成機構解析,第23回環境化学討論会(京都),3A-07,2014年5月.   
2013年
雨谷敬史:たばこ煙中ニコチンの付着性に関する研究,平成25年度室内環境学会学術大会(長崎),p 120-121, 2013年12月.
福島靖弘,鈴木義浩,榎本孝紀,直井知之,三宅祐一,雨谷敬史:パッシブサンプラー性能評価のためのチャンバー開発,平成25年度室内環境学会学術大会(長崎),p 158-159,2013年12月.
チャン ヴァン マイ,三宅祐一,雨谷敬史:環境汚染物質塩素化ピレンの標準物質について,富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2013(キラメッセ沼津),p.124,2013年11月.
王 斉,三宅祐一,雨谷敬史,堀井勇一,野尻喜好,大塚宜寿:大気拡散モデルによるハロゲン化多環芳香族炭化水素類の大気中濃度推定と実測濃度との比較,富士山麓アカデミック&サイエンスフェア2013(キラメッセ沼津),p.123,2013年11月.
福島靖弘,鈴木義浩,榎本孝紀,直井知之,三宅祐一,雨谷敬史:椰子殻活性炭管と球状活性炭管の脱着率に関する報告(改定管理濃度),第53回日本労働衛生工学会(横浜),2013年11月.
三宅祐一:廃棄物焼却により副生成するハロゲン化多環芳香族炭化水素類の生成機構解析,環境科学会2013年会(静岡),2013年9月.【シンポジウム講演】
王 斉,三宅祐一,雨谷敬史,堀井勇一,野尻喜好,大塚宜寿:廃棄物焼却施設から排出されたハロゲン化多環芳香族炭化水素類の大気中濃度推定と実測濃度との比較,環境科学会2013年会(静岡),p.8,2013年9月.
Horii Y, Minomo K, Ohtsuka N, Nojiri K, Ohura T, Miyake Y: Concentration Evaluation of toxic equivalents for halogenated polyaromatic hydrocarbons in waste incinerators, Japan, 33rd International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin2013), Daegu, Aug. 25-30, 2013.
Wang Q, Miyake Y, Amagai T, Horii Y, Nojiri K, Ohtsuka N: Profiles and distribution of halogenated polycyclic aromatic hydrocarbons from waste incinerators, 33rd International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin2013), Daegu, Aug., 25-30, 2013.
Miyake Y, Wang Q, Amagai T, Horii Y: Formation of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons in combustion of polyvinyidene chloride, 33rd International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin2013), Daegu, Aug., 25-30, 2013. 
三宅祐一,王 斉,雨谷敬史,堀井勇一,野尻喜好,大塚宜寿:実験炉を用いたハロゲン化多環芳香族炭化水素類の生成機構調査,第22回環境化学討論会(東京),2PD-12,2013年8月.  
王 斉,三宅祐一,雨谷敬史,堀井勇一,野尻喜好,大塚宜寿:廃棄物焼却施設からのハロゲン化多環芳香族炭化水素の排出挙動解析,第22回環境化学討論会(東京),3-2E-7-5,2013年8月.   
三宅祐一:高生態蓄積性フッ素化合物PFOSを含んだ泡消火剤使用による水環境影響評価,公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団助成金贈呈式(東京),2013年8月.【受賞講演】   
2012年
福島靖弘,鈴木義浩,榎本孝紀,直井知之,三宅祐一,雨谷敬史,ガスチューブの溶媒抽出時間短縮に関する検討, 平成24年度室内環境学会学術大会(東京),p 98-99, 2012年12月
雨谷敬史,室内の汚染物質実態調査, 日本環境変異原学会第41回大会(静岡),2012年11月【依頼講演】
Miyake Y, Wang Q, Tang L, Horii Y, Nojiri K, Ohtsuka N and Amagai T, Comparison of Observed and Estimated Concentrations of Chlorinated PAHs Using a Gaussian Dispersion Model in the Vicinity of Waste Incinerator, The SETAC North America 33rd Annual Meeting, Long Beach, Nov. 11-15, p.268, 2012.
Horii Y, Nojiri K, Yamashita N, Kannan K and Miyake Y, Screening of novel halogenated aromatic hydrocarbons in environmental samples by GC coupled to high resolution TOFMS, The SETAC North America 33rd Annual Meeting, Long Beach, Nov. 11-15, p.204, 2012.
三宅祐一,化学物質の曝露量と健康へのリスク, 静岡県立大学公開講座(静岡),2012年9月【公開講座】
雨谷敬史,三宅祐一,燃焼により生成する芳香族有機塩素/ニトロ化合物に関する研究, USフォーラム2012(静岡),p 20, 2012年9月
三宅祐一,雨谷敬史,廃棄物焼却施設から排出されるハロゲン化多環芳香族炭化水素類の生成機構解析と毒性濃度換算, USフォーラム2012(静岡),p 215, 2012年9月
三宅祐一,ハロゲン化多環芳香族炭化水素類の排出実態とリスク評価への展開, 環境科学会2012年会(横浜),p 157-159, 2012年9月【シンポジウム講演】
山下裕太,姫 旭,荻野洋祐,小林 剛,高橋ゆかり,三宅祐一,久保 隆,亀屋隆志,大気中六価クロムの年間濃度変動に及ぼすクロムの形態変化の影響と解析, 環境科学会2012年会(横浜),p 4, 2012年9月
三宅祐一,唐 亮,王 斉,雨谷敬史,堀井勇一,野尻喜好,大塚宜寿,廃棄物焼却ガス・飛灰・焼却灰中の塩素化多環芳香族炭化水素類の媒体間挙動, 環境科学会2012年会(横浜),p 6, 2012年9月
王 斉,三宅祐一,唐 亮,堀井勇一,野尻喜好,大塚宜寿,雨谷敬史,廃棄物焼却炉からのハロゲン化多環芳香族炭化水素類の排出情報に基づく周辺住民への曝露濃度推定, 環境科学会2012年会(横浜),p 7, 2012年9月
姫 旭,荻野洋祐,石井沙苗,小林 剛,三宅祐一,高橋ゆかり,亀屋隆志,高リスクが懸念される大気中六価クロムの粒径別分布・堆積粉塵中濃度等の測定と発生源検討, 環境科学会2012年会(横浜),p 79, 2012年9月
戸敷浩介,周 敏敏,三宅祐一,国包章一,中国の家電リサイクル制度に関する国際比較分析, 環境科学会2012年会(横浜),p 91, 2012年9月
Miyake Y, Tang L, Horii Y, Nojiri K, Ohtsuka N, Fujimine Y and Amagai T, Concentration profiles of halogenated polycyclic aromatic hydrocarbons in flue gas, bottom ash, and fly ash from waste incinerator, 32nd International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin2012), Cairns, Aug. 26-31, 2012.
三宅祐一,堀井勇一,次世代POPs:ハロゲン化多環芳香族炭化水素類の最新研究動向, 第21回環境化学討論会 ランチョンセミナー講演(愛媛),2012年8月【依頼講演】 
三宅祐一,唐 亮,堀井勇一,野尻喜好,大塚宜寿,雨谷敬史, 廃棄物焼却施設からのハロゲン化多環芳香族炭化水素類の排出傾向, 第21回環境化学討論会(愛媛),p 627-628, 2012年8月  
堀井勇一,野尻喜好,大塚宜寿,大浦健,三宅祐一, 飛行時間型GC/MS を用いる焼却排ガス中ハロゲン化芳香族群の検索, 第21回環境化学討論会(愛媛),p 593-594, 2012年8月   
2011年
唐 亮,三宅祐一,雨谷敬史,塩素系樹脂の燃焼による多環芳香族炭化水素類とその塩素化誘導体の生成調査, 平成23年度室内環境学会学術大会(静岡),p 132-133, 2011年12月
王寧,久米一成,三宅祐一,雨谷敬史,常生活環境下におけるETS個人曝露量の測定・評価に関する研究 -東海地域における実態調査-, 平成23年度室内環境学会学術大会(静岡),p 138-139, 2011年12月
中井里史,嵐谷奎一,秋山幸雄,石津嘉昭,雨谷敬史,松木秀明,野口美由貴,柳沢幸雄,日常生活環境下におけるETS 個人曝露量の測定・評価に関する研究-地域ごとのボランティア調査結果概要-, 平成23年度室内環境学会学術大会(静岡),p 134-135, 2011年12月
野口美由貴,中井里史,嵐谷奎一,秋山幸雄,石津嘉昭,雨谷敬史,松木秀明,柳沢幸雄,日常生活環境下におけるETS 個人曝露量の測定・評価に関する研究-関東東部地域のボランティア調査結果-, 平成23年度室内環境学会学術大会(静岡),p 142-143, 2011年12月
真名垣聡,小林剛,三宅祐一,本藤祐樹,三宅淳巳,益永茂樹,消費者製品中にストックされた臭素系難燃剤HBCD の排出及び曝露分析, 平成23年度室内環境学会学術大会(静岡),p 224-225, 2011年12月
Miyake Y, Tang L, Fujimine Y, Horii Y and Amagai T, Chlorinated Polycyclic Aromatic Hydrocarbons from the Combustion of Polyvinyl Chloride and Polyvinylidene Chloride, The SETAC North America 32nd Annual Meeting, Boston, Nov. 13-17, 2011.
三宅祐一,唐 亮,堀井勇一, 雨谷敬史,塩素系樹脂の焼却による多環芳香族炭化水素類とその塩素化誘導体の生成特性, 第22回廃棄物資源循環学会研究発表会(東京),p 525-526, 2011年11月
雨谷敬史,環境中のテルペン類の曝露評価手法に関する検討, USフォーラム2011(静岡),p 139, 2011年9月
三宅祐一,雨谷敬史,廃棄物焼却施設におけるハロゲン化多環芳香族炭化水素類の生成機構解析, USフォーラム2011(静岡),p 102, 2011年9月
櫻井健治,三宅祐一,雨谷敬史,パッシブサンプラーを用いた1,3-ブタジエンなどの有害大気汚染物質の計測手法の検討, 第52回大気環境学会年会(長崎),p 209, 2011年9月
雨谷敬史,三宅祐一,TD-GC(NCI)/MSによるハロゲン化多環芳香族炭化水素の分析, 第52回大気環境学会年会(長崎),p 214, 2011年9月
嵐谷奎一,石上温,世良暢之,雨谷敬史,秋山幸雄,楢崎幸範,2010年春季の太宰府市での多環芳香族炭化水素類濃度の特徴, 第52回大気環境学会年会(長崎),p 227, 2011年9月
中井里史,嵐谷奎一,秋山幸雄,石津嘉昭,雨谷敬史,松木秀明,野口美由貴,柳沢幸雄,日常生活環境下におけるETS個人曝露量の測定・評価に関する研究 -曝露評価方法の検討とボランティア調査結果概要-, 第52回大気環境学会年会(長崎),p 399, 2011年9月
三宅祐一,唐亮,小林剛,亀屋隆志,真名垣聡,益永茂樹,藤峰慶徳,堀井勇一,雨谷敬史,臭素系難燃剤HBCDの焼却による臭素化多環芳香族炭化水素類の生成調査, 第52回大気環境学会年会(長崎),p 525, 2011年9月
唐亮,三宅祐一,雨谷敬史,塩素系樹脂の焼却による塩素化多環芳香族炭化水素類の生成調査, 第52回大気環境学会年会(長崎),p 526, 2011年9月
三宅祐一,孫 琿玢,雨谷敬史, ピネン類の個人曝露/ 室内外濃度とそのリスク評価, 環境科学会2011年会(兵庫),p 54, 2011年9月
Miyake Y, Tang L, Kobayashi T, Kameya T, Managaki S, Masunaga S, Fujimine Y, Horii Y and Amagai T, A Preliminary study for combustion of hexabromocyclododecane (HBCD) and its by-products, 31st International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin2011), Brussels, Aug. 21-25, 2011.
Horii Y, Ohtsuka N, Minomo K, Nojiri K, Ohura T, Miyake Y, Kannan K, Aromatic Hydrocarbons in Flue Gas from Waste Incinerators, 31st International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin2011), Brussels, Aug. 21-25, 2011.
王 寧,三宅祐一,久米一成,雨谷敬史, PM2.5個人曝露量に対する環境中たばこ煙の影響, 第20回環境化学討論会(熊本),p 158-159, 2011年7月
唐 亮,三宅祐一,山﨑映明,鍵 紀子,雨谷敬史, GC-NCI/MS/MSによる大気中ニトロPAHsの分析, 第20回環境化学討論会(熊本),p 230-231, 2011年7月
大浦 健,小島光博,雨谷敬史,堀井勇一, 都市大気における塩素化多環芳香族炭化水素類の日内変動, 第20回環境化学討論会(熊本),p 711-712, 2011年7月 
三宅祐一,唐 亮,雨谷敬史, 静岡県における大気中ニトロ化多環芳香族炭化水素類の汚染調査, 第20回環境化学討論会(熊本),p 713-714, 2011年7月 
山﨑映明,鍵 紀子,三宅祐一,雨谷敬史, GC-EI/MS/MSによる大気中ニトロPAHsの分析, 第20回環境化学討論会(熊本),p 727-728, 2011年7月  
堀井勇一,大塚宜寿,蓑毛 康太郎,野尻喜好,大浦健,三宅祐一, 焼却排ガス中塩素化・臭素化多環芳香族炭化水素の分布とその生成メカニズムに関する研究, 第20回環境化学討論会(熊本),p 731-732, 2011年7月   
三宅祐一,小林 剛,亀屋隆志,益永茂樹,雨谷敬史, 東京湾における環境濃度予測ツールを用いたPFOS濃度推算精度の検証, 第45回日本水環境学会年会 (札幌), 2011年3月
小林 剛,山田尚弘,酒井実,三宅祐一,亀屋隆志,藤江幸一, 土壌環境に排出された化学物質の人への高懸念曝露シナリオのスクリーニング手法, 第45回日本水環境学会年会 (札幌), 2011年3月
2010年
孫琿玢,王寧,三宅祐一,雨谷敬史:パッシブまたはアクティブサンプラーによるテルペン類簡易分析法と個人曝露調査への応用,2010年度室内環境学会学術大会(横浜),講演抄録集 p 60-61, 2010年12月
王寧,久米一成,三宅祐一,雨谷敬史:PM2.5室内/個人曝露濃度の重量法による測定方法に関する研究.2010年度室内環境学会学術大会(横浜),講演抄録集 p 80-81, 2010年12月
三宅祐一,孫琿玢,雨谷敬史:静岡におけるピネン類の個人曝露/室内外濃度.2010年度室内環境学会学術大会(横浜),講演抄録集 p 158-159, 2010年12月
Miyake Y., Kobayashi T., Kameya T., Amagai T., Preliminary database for comprehensive exposure scenarios to chemicals: A novel approach to screen for human health risks of chemicals via the environment, The International Conference on the Environment and Natural Resources 2010, Bangkok, Nov. 10-11, 2010.
Amagai T., Measurement of anthropogenic VOCs and their impact on Environment, The International Conference on the Environment and Natural Resources 2010, Bangkok, Nov. 10-11, 2010.
三宅祐一、小林剛、亀屋隆志、益永茂樹、雨谷敬史:高蓄積性フッ素系界面活性剤を含んだ泡消火剤使用による水環境影響評価、日本環境化学会-韓国環境分析学会、第2回日韓共同シンポジウム要旨p 116-119, Seoul, Nov. 3-5, 2010.
Takashi AMAGAI, Takeshi OHURA and Yuichi MIYAKE: Personal Exposure to gaseous polycyclic aromatic hydrocarbons in Shizuoka, Japan. The 2nd Korea-Japan Symposium on Environmental Chemistry, p 245, Seoul, Nov. 3-5, 2010.
SUN Huibin, WANG Ning, Yuichi MIYAKE and Takashi AMAGAI: Simple analysis of terpene by the passive sampler and its application to personal exposure survey in Shizuoka, Japan. The 2nd Korea-Japan Symposium on Environmental Chemistry, p 246, Seoul, Nov. 3-5, 2010.
WANG Ning, Kazunari KUME, Kentaro KURABAYASHI, Yuichi MIYAKE and Takashi AMAGAI: A measurement method for personal exposure and indoor/outdoor concentration of PM2.5. The 2nd Korea-Japan Symposium on Environmental Chemistry, p 250, Seoul, Nov. 3-5, 2010.
Liang TANG, Yuichi MIYAKE and Takashi AMAGAI: An analytical method for polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs) and their derivatives in atmosphere using GC-NCI/MS/MS. The 2nd Korea-Japan Symposium on Environmental Chemistry, p 251, Seoul, Nov. 3-5, 2010.
Takashi AMAGAI: Analytical methods for Personal Exposure to PM2.5, Particulate Polycyclic Aromatic Hydrocarbons and Solanesol. Joint Conference of International Society for Exposure Sciences and International Society for Environmental Epidemiology. Abstract CD, Incheon, Aug. 28 - Sep. 1, 2010.
Miyake Y., Managaki S., Zushi Y., Kobayashi T., Kameya T., Yokoyama Y., Nakai S., Hondo H., Kimura A., Nakarai T., Oka Y., Otani H., Miyake A. and Masunaga S., A comparative study of human health risks posed by a flame retarded curtain with hexabromocyclododecane (HBCD), 30th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin2010), San Antonio, Sep. 12-17, 2010.
Miyake Y., Managaki S., Yokoyama Y., Nakai S., Kataoka T., Nagasawa E., Shimojima M., Masunaga S., Hondo H., Kobayashi T., Kameya T., Kimura A., Nakarai T., Oka Y., Otani H. and Miyake A., Comparison of observed and estimated concentrations of perfluorooctane sulfonate (PFOS) using a fate model in Tokyo bay of Japan, 30th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (Dioxin2010), San Antonio, Sep. 12-17, 2010.
三宅祐一, 化学物質の健康リスク情報と曝露シナリオ, 環境科学会2010年会 (東京)、講演要旨集 p 128-129、2010年9月【依頼講演】
荻野洋佑,柳一生,小林剛,亀屋隆志,藤江幸一,三宅祐一, 大気中での高リスクが懸念される六価クロムの全粒径および粒度別の測定と評価, 環境科学会2010年会 (東京)、講演要旨集 p 20、2010年9月
小林剛,柳一生,荻野洋佑,三宅祐一,亀屋隆志,藤江幸一, 大気中での高リスクが懸念される六価クロムの極低濃度測定手法の開発, 環境科学会2010年会 (東京)、講演要旨集 p 21、2010年9月
酒井実,畠山周作,山田尚弘,小林剛,亀屋隆志,三宅祐一, 環境中に排出される多様な化学物質の高懸念曝露シナリオのスクリーニング手法, 環境科学会2010年会 (東京)、講演要旨集 p 22、2010年9月
齋藤美穂,亀屋隆志,小林剛,藤江幸一,三宅祐一, 包括的な多成分一斉分析法が適用可能な化管法対象物質の分類整理, 環境科学会2010年会 (東京)、講演要旨集 p 47、2010年9月
勝俣宏信,亀屋隆志,小林剛,藤江幸一,三宅祐一, GC/MS一斉分析可能な化管法対象282物質の検出頻度 -神奈川県内の河川で-, 環境科学会2010年会 (東京)、講演要旨集 p 80、2010年9月
三宅祐一,真名垣 聡,小林 剛,亀屋隆志,本藤祐樹,横山泰一,中井里史,大谷英雄,益永茂樹,木村新太,半井豊明,岡 泰資,三宅淳巳, 事業者支援を志向した化学物質リスク自主管理の情報基盤, 第51回大気環境学会 (大阪)、講演要旨集 p 139-140、2010年9月【依頼講演】
貴戸武利、Keerthi S. Guruge, 榊原啓之、大浦健、小島光博、山中典子、谷村信彦、山田雅巳、能美健彦、雨谷敬史、下位香代子:シトクロムP450 1A2が誘発する7-クロロベンゾ[a]アントラセンの変異原性。第19回環境化学討論会(名古屋)、講演要旨集 p 50-51, 2010年6月
東野和雄、山本央、大浦健、雨谷敬史、佐々木裕子、橋本俊次、柏木宣久、嶽盛公昭、高菅卓三、高橋明宏:食塩電解過程に由来するダイオキシン類の異性体/同族体比率による発生源推定。第19回環境化学討論会(名古屋)、講演要旨集 p 348-349, 2010年6月
小島光博、大浦健、榊原啓之、貴戸武利、Keerthi S. Guruge, 雨谷敬史:ラットにおける7-クロロベンゾ[a]アントラセンの生体蓄積性の評価。第19回環境化学討論会(名古屋)、講演要旨集 p 652-653, 2010年6月 
Takashi AMAGAI: Anaytical method for spatial distribution of hazardous air pollutants (HAPs).The 8th KOSAE-JSAE Joint Symposium, Seoul, May 13-15 p 41-44 【依頼講演】
2009年
倉林健太郎,大浦健,雨谷敬史,中井里史:日常生活環境下におけるETS個人曝露量の測定・評価に関する研究-粒子状物質・ソラネソール・PAH-。2009年度室内環境学会研究発表会(東大阪),講演抄録集 p212-213, 2009年12月
久米一成,林凌,榊原啓之,大浦健,雨谷敬史,下位香代子:ホルムアルデヒド高濃度曝露に関する調査研究(1)。2009年度室内環境学会研究発表会(東大阪),講演抄録集 p34-35, 2009年12月
倉林健太郎,大浦 健,雨谷敬史,中井里史:喫煙室内での粒子状物質と多環芳香族炭化水素・ソラネソールの個人暴露評価に関する研究。 第50回大気環境学会年会(横浜),講演要旨集 p572, 2009年9月
Amagai T and Ohura T: Measurement methods for indoor pollutants to manage indoor air quality. ICCAS-SICE 2009, Fukuoka, Aug. 18-21, 2009.
大浦健,山本央,東野和雄,雨谷敬史,四ノ宮美保,佐々木裕子:塩素化多環芳香族炭化水素の土壌汚染と発生源に関する研究.第18回環境化学討論会(つくば),講演要旨集 p706-707,2009年6月
山本央,東野和雄,大浦健,雨谷敬史,嶽盛公昭,高菅卓三,橋本俊次,柏木宣久,佐々木裕子:食塩電解過程に由来するダイオキシン類及び類縁化合物.第18回環境化学討論会(つくば),講演要旨集 p406-407,2009年6月