フードマネジメント研究室
静岡県立大学
食品栄養科学部
栄養生命科学科
フードマネジメント研究室
〒422-8526
静岡市駿河区谷田52-1
TEL : 054-264-5514

教員紹介

市川 陽子 准教授
博士(栄養学)、管理栄養士、健康運動指導士、産業栄養指導者


<最近の研究業績>(過去5年間のもの)

(1) 原著論文
  1. 佐野文美, 良田千秋, 市川陽子: 温熱環境に対する低輻射型回転釜の有用性に関する研究, 日本給食経営管理学会誌 (in press). (査読有り)
  2. Yusuke Wakasugi, Sakurako Hashizume, Ayami Sano, Kazuki Mochizuki, Toshinao Goda andYoko Ichikawa: Glycemic response in healthy Japanese subjects after consuming potatoes and white rice. J.ARAHE, 23, 1-8 (2016) (査読有り)
  3. Mochizuki, K., Hariya, N., Miyauchi, R., Misaki, Y., Ichikawa, Y. and Goda, T.: Self-reported faster eating is associated with higher ALT activity in middle-aged apparently healthy Japanese women. Nutrition, 30, 69-74 (2014) (査読有り)
  4. Hayashi, K., Ito, N., Ichikawa, Y. and Suzuki, Y.: Effect of postprandial thermogenesis on the cutaneous vasodilatory response during exercise. Appl Physiol Nutr Metab., 39, 920-926 (2014) (査読有り)
  5. Sakakibara, H., Ichikawa, Y. (equal contribution), Tajima, S., Makino, Y., Wakasugi, Y., Shimoi, K., Koabayashi, S., Kuamazawa, S. and Goda, T.: Evaluation of absorption and exclusion of bilberry anthocyanins in human subjects consuming flavonoid-poor menus. Biosci. Biotechnol. Biochem. 78, 1748-1752 (2014) (査読有り)
  6. 佐野文美, 良田千秋, 市川陽子: 特定給食施設厨房の温熱環境と加熱調理機器の熱源の違いの捉え方に関する調査. 日本給食経営管理学会誌, 8, 75-88 (2014) (査読有り)
  7. Mochizuki, K., Miyauchi, R., Misaki, Y., Ichikawa, Y. and Goda, T.: Principal component 1 score calculated from metabolic syndrome diagnostic parameters is a possible marker for the development of metabolic syndrome in middle-aged Japanese men without treatment for metabolic diseases. Eur. J. Nutr, 52, 67-74 (2013) (査読有り)
  8. Mochizuki,K., Misaki,Y., Miyauchi,R., Takabe,S., Shimada,M., Kuriki,K., Ichikawa,Y. and Goda,T.: A Higher rate of eating is associated with higher circulating IL-1s concentrations in Japanese men without treatment for metabolic diseases. Nutrition, 28, 978-983 (2012) (査読有り)
  9. 榊原啓之, 市川陽子 (equal contribution), 多島早奈英, 牧野尚恵, 若杉悠佑, 熊澤茂則, 佐々木敏, 下位香代子, 合田敏尚: 日本人の食事摂取基準(2005年版)に基づいたフラボノイド低減食の作成方法の提案. 日本栄養・食糧学会誌, 65, 229-235 (2012) (査読有り)
  10. Mochizuki,K., Misaki,Y., Miyauchi,R., Takabe,S., Shimada,M., Miyoshi,N, Ichikawa,Y. and Goda,T.: Circulating IL-1s and IL-6 concentrations are closely associated with γ-GTP activity in middle-aged Japanese men without obvious cardiovascular diseases. Metabolism, 60, 914-922 (2011) (査読有り)
  11. Mochizuki K., Misaki Y., Miyauchi R., Takabe S., Shimada M., Ichikawa Y. and Goda T.: Associations between markers of liver injury and cytokine markers for insulin sensitivity and inflammation in middle-aged Japanese men not being treated for metabolic diseases. J Nutr Sci Vitaminol, 57, 409-17 (2011)(査読有り)
  12. 須永美幸, 市川陽子, 杉山みち子, 川久保清: 医療サービスにおける管理栄養士に求められる実践能力に関する研究. 日本健康・栄養システム学会誌, 10, 21-29 (2011)(査読有り)

(2) 総説
  1. 市川陽子: 特集/「食は科学」おもしろ実験で心をつかむ. 知的好奇心をくすぐる「食育実験」の考え方~おいしさの源には科学があることへの気づき~, 学校の食事, 47, 29-37(2014)
  2. 市川陽子: 特集・健康食品の今後の展望/新しく見直されるルミナコイドの健康機能, 科学的根拠に基づいた健康サポートメニューの提案, FOOD STYLE, 17, 1-4(2013)
  3. 市川陽子: 食事のGlycemic Indexと生活習慣病一次予防, 日本調理科学会誌, 44, 259-262(2011)

(3) 著書
  1. 冨田教代, 神田知子, 朝見祐也/編著, 日本栄養改善学会/監修: 管理栄養士モデルコアカリキュラム・給食経営管理論 実習, 医歯薬出版, 東京, pp. 63-75 (2016)
  2. 松崎政三, 藤井恵子, 寺本あい/編著: 映像で学ぶ調理の基礎とサイエンス( DVD2枚組・書籍), 学際企画, 東京, pp.22-55 (2015)
  3. 早野貴文/編集代表, 公益社団法人日本栄養士会/監修: 栄養士・管理栄養士のための困りごと相談ハンドブック, 新日本法規出版, 東京, pp.189-207 (2013)
  4. 名倉秀子/編著, 吉田勉/監修: 食物と栄養学基礎シリーズ12 給食経営管理論, 学文社, 東京, pp.30-50, 188-199 (2013)
  5. 公益社団法人日本栄養士会/監訳, 国際標準化のための栄養ケアプロセス用語マニュアル作成にかかる翻訳委員会/編: 国際標準化のための栄養ケアプロセス用語マニュアル(翻訳), 第一出版, 東京, pp.244-267 (2012)
  6. 石田裕美, 冨田教代/編著, 日本栄養改善学会/監修: 管理栄養士モデルコアカリキュラム・給食経営管理論 給食の運営から給食経営管理への展開, 医歯薬出版, 東京, pp.43-54 (2012)
  7. 大森正英/編集代表: 管理栄養士・栄養士必携 健康・栄養学用語辞典,中央法規出版, 東京(2012)
  8. 市川陽子/レシピ提供・調理・監修: 液状濃厚流動食リーフレット「JuiciO de おいしいレシピ Vol.2」, 三和化学研究所, 名古屋(2012)
  9. 市川陽子/著・監修: アンチ・ドーピング事業リーフレット「ドーピング0宣言!-アスリートの勝利のために 『食事で強くなる』」, 静岡県体育協会, 静岡(2012)
  10. 市川陽子/レシピ提供・調理・監修: 液状濃厚流動食リーフレット「JuiciO de おいしいレシピ Vol.1」, 三和化学研究所, 名古屋(2011)
  11. 市川陽子/著・監修: アンチ・ドーピング事業リーフレット「スポーツ貧血0宣言!-ドーピングについて学ぼう-『スポーツ貧血』の予防は食事から」, 静岡県体育協会, 静岡(2011)
  12. 金田雅代, 郡俊之, 酒井徹, 山本茂/編: 栄養科学シリーズNEXT 公衆栄養学実習, pp.82-90,


<学会, 社会における活動状況>

(1) 加入学会
日本栄養改善学会(「健康な食事」推進WGメンバー), 日本栄養・食糧学会,日本給食経営管理学会(理事, 編集委員, 評議委員, MSWGメンバー), 日本フードシステム学会,日本調理科学会(編集委員, 関東支部役員, 代議員), 日本健康・栄養システム学会, 日本健康教育学会, 日本肥満学会, 日本病態栄養学会, 日本家政学会, American Dietetic Association

(2) 社会活動
2007年4月 (財) 静岡県体育協会スポーツ医・科学委員会 委員(~現在)
2010年4月 静岡市食の安全・安心意見交換会 委員, 委員長(~現在) 
2011年8月 厚生労働省管理栄養士国家試験委員会 委員(~現在)
2012年7月 ふじのくに「食の都」づくり推進連絡会 委員
2013年5月 静岡県畜産技術研究所研究推進会議 研究アドバイザー(~現在)
2014年7月 静岡県産業教育審議会 委員(~2016年5月)
2014年7月 静岡県スポーツ推進審議会 委員(~現在)
2014年8月 静岡県食と農が支える豊かな暮らしづくり審議会 委員(~2016年3月)
2015年7月 富士市食育推進会議 副委員長(~現在)
2015年9月 焼津市「焼津水産物を活用した学校給食メニュー開発事業」アドバイザー(~2016年3月)
2016年5月 静岡県立高等学校第三次長期計画検討委員会 委員(~現在)
2016年5月 静岡市駿河湾水産振興協議会 アドバイザー(~現在)