本文へスキップ
食品栄養科学部 環境生命科学科 物性化学研究室

研究業績

2018年度

原著論文

  • Yuichi Miyake, Masahiro Tokumura, Qi Wang, Takashi Amagai, Yasuhiro Takegawa, Yoko Yamagishi, Sayaka Ogo, Kazunari Kume, Takeshi Kobayashi, Shinji Takasu, Kumiko Ogawa, Kurunthachalam Kannan, Identification of Novel Phosphorus-Based Flame Retardants in Curtains Purchased in Japan Using Orbitrap Mass Spectrometry, Environmental Science & Technology letters, published, 2018. (Link)
  • Kouichi Tatsu, Toshiyuki Naito, Masahiro Tokumura, Kunihiro Hoshino, Takahiro Iwasaki, Hideto Jinno, Shinsuke Usui, Akihiro Nagao, Study on the quantitative evaluation method of SVOC in a vehicle cabin using the passive method, Journal of the Human-Environment System, 20, 11-18, 2018. (Link)

国際会議

  • Kento Sei, Qi Wang, Misato Masuda, Masahiro Tokumura, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, An Analytical Method for Chlorinated Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in Particles by Thermal Desorption-GC/MS, Dioxin 2018, Kraków, Poland. (August 2018)
  • Yuichi Miyake, Masahiro Tokumura, Qi Wang, Takashi Amagai, Sayaka Ogo, Kazunari Kume, Takeshi Kobayashi, Shinji Takasu, Kumiko Ogawa, Kurunthachalam Kannan, Identification of Novel Phosphorus Flame Retardants in Curtains Using Orbitrap Mass Spectrometry, Dioxin 2018, Kraków, Poland. (August 2018)
  • Masahiro Tokumura, Kosuke Muramatsu, Qi Wang, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Masakazu Makino, Comparison of Rates of Direct and Indirect Migration of Phosphorus Flame Retardants from Flame-Retardant-Treated Polyester Curtains to Indoor Dust, Dioxin 2018, Kraków, Poland. (August 2018)
  • Misato Masuda, Qi Wang, Masahiro Tokumura, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Unintentional Generation of Chlorinated Polycyclic Aromatic Hydrocarbons during Cooking, Dioxin 2018, Kraków, Poland. (August 2018)
  • Mai Shindo, Kotone Terao, Kosuke Muramatsu, Masahiro Tokumura, Qi Wang, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Masakazu Makino, Estimating Potential Dermal Exposure to Organophosphorus Flame Retardants via Direct Contact with Products, Dioxin 2018, Kraków, Poland. (August 2018)
  • Kosuke Muramatsu, Hiroshi Aiuchi, Yuta Goro, Masahiro Tokumura, Qi Wang, Takanori Ambo, Masakazu Minagawa, Ryutaro Ishibashi, Yuichi Miyake, Takashi Amagai,Masakazu Makino, Decolorization of Colored Effluent from Textile Manufacturing Industry in Bangladesh by Photo-Fenton Reaction Coupled with Catalyst, The 12th Asia Impact Assessment Conference, Shizuoka, Japan. (August 2018)
  • Mai Shindo, Kotone Terao, Kosuke Muramatsu, Masahiro Tokumura, Qi Wang, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Masakazu Makino, Device for Measuring Dermal Exposure Rate of Flame Retardants via Direct Contact with Products, The 12th Asia Impact Assessment Conference, Shizuoka, Japan. (August 2018)
  • Jumpei Miyazaki, Kosuke Muramatsu, Masahiro Tokumura, Muhammad Rafiqul Islam, Qi Wang, Yuichi Miyake, Masahiro Sakata, Shigeki Masunaga, Takashi Amagai, Masakazu Makino, Arsenic and Heavy Metal Contaminations of Rice Grown in Bangladesh, The 12th Asia Impact Assessment Conference, Shizuoka, Japan. (August 2018)
  • Masahiro Tokumura, Makoto Sekine, Mohammad Raknuzzaman, Md Habibullah Al Mamun, Md Kawser Ahmed, Muhammad Rafiqul Islam, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Shigeki Masunaga, Masakazu Makino, Feasibility of Quantitative Image Analysis Method to Improve Performances of Arsenic Field Test Kit for Screening of Tube Well Waters in Bangladesh, The 12th Asia Impact Assessment Conference, Shizuoka, Japan. (August 2018)
  • Misato Masuda, Qi Wang, Masahiro Tokumura, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Determination of Chlorinated Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in Sediments, The Water and Environment Technology Conference 2018, Ehime, Japan. (July, 2018).
  • Kosuke Muramatsu, Hiroshi Aiuchi, Yuta Goro, Masahiro Tokumura, Takanori Ambo, Masakazu Minagawa, Ryutaro Ishibashi, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Masakazu Makino, Mechanism of Photo-Fenton Reaction Coupled with Catalyst Investigated by Kinetic Model, The Water and Environment Technology Conference 2018, Ehime, Japan. (July, 2018).
  • Masahiro Tokumura, Sayaka Ogo, Kazunari Kume, Kosuke Muramatsu, Qi Wang, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Masakazu Makino, Migration Mechanism of Phosphorus Flame Retardants from Flame-Retardant-Treated Polyester Curtains to Indoor Dust, Indoor Air 2018, Philadelphia, PA, USA. (July 2018)
  • Yuichi Miyake, Masahiro Tokumura, Qi Wang, Takashi Amagai, Novel Phosphorus Flame Retardants Found from Flame-Retardant Curtains Purchased from Japanese Market, Indoor Air 2018, Philadelphia, PA, USA. (July 2018)
  • Atsushi Mizukoshi, Kenichi Azuma, Shigehiro Sugiyama, Daisuke Tanaka, Masashi Inoue, Masahiro Tokumura, Jiro Okumura, Reaction between ozone and limonene under reduced pressure conditions simulating an aircraft cabin environment, Indoor Air 2018, Philadelphia, PA, USA. (July 2018)

国内会議

  • 新堂 真生, 寺尾 琴音, 村松 孝亮, 徳村 雅弘, 王 斉, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 製品中難燃剤の直接接触に伴う経皮曝露量推算のための測定デバイスの開発, 環境科学会 2017年会, 東京. (2018年9月)
  • 宮崎 淳平, 村松 孝亮, 五老 祐大, 徳村 雅弘, イスラム ムハンマド, 王 斉, 三宅 祐一, 坂田 昌弘, 益永 茂樹, 雨谷 敬史, 牧野 正和, バングラデシュにおける稲品種および水管理方法の違いによるコメ中ヒ素および重金属濃度への影響, 環境科学会 2017年会, 東京. (2018年9月)
  • 天野 あすか, 五老 祐大, 徳村 雅弘, 王 斉, 内藤 博敬, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 新規環境汚染物質である塩素化多環芳香族炭化水素類の包括的かつ統合的環境影響評価, 環境科学会 2017年会, 東京. (2018年9月)
  • 村松 孝亮, 五老 祐大, 王 斉, 徳村 雅弘, 安保 貴永, 皆川 正和, 石橋 龍太郎, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 反応速度論的解析に基づく排水処理プロセスの改善策の提案, 環境科学会 2017年会, 東京. (2018年9月)
  • 増田 美里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 調理により生成する多環芳香族炭化水素とその塩素化体の経路別曝露量の比較, 環境科学会 2017年会, 東京. (2018年9月)
  • 三輪 春樹, 古川 美乃里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 高橋 ゆかり, ハウスダストを介した規制・未規制難燃剤の曝露・リスク評価, 環境科学会 2017年会, 東京. (2018年9月)
  • 清 健人, 王 斉, 増田 美里, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 塩素化多環芳香族炭化水素類 (ClPAHs) 個人曝露評価のための高感度分析法の開発, 環境科学会 2017年会, 東京. (2018年9月)
  • 徳村 雅弘, 瀬尾 真紀子, 王 斉, 甲斐 葉子, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, マニキュア液中に含まれる可塑剤の経皮曝露を考慮した確立論的リスク評価, 第27回日本臨床環境医学会学術集会, 三重. (2018年7月)
  • 新堂 真生, 寺尾 琴音, 村松 孝亮, 徳村 雅弘, 王 斉, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 製品中難燃剤の直接接触に伴う経皮曝露量測定デバイスの基礎的検討, 第27回環境化学討論会, 那覇. (2018年5月)
  • 宮崎 淳平, 村松 孝亮, 五老 祐大, 徳村 雅弘, イスラム ムハンマド, 王 斉, 三宅 祐一, 坂田 昌弘, 益永 茂樹, 雨谷 敬史, 牧野 正和, バングラデシュにおけるコメのヒ素および重金属汚染の実態調査, 第27回環境化学討論会, 那覇. (2018年5月)
  • 村松 孝亮, 相内 博, 五老 祐大, 徳村 雅弘, 安保 貴永, 皆川 正和, 石橋 龍太郎, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 触媒併用型フォトフェントン反応による汚染物質除去機構の反応速度論的解析, 第27回環境化学討論会, 那覇. (2018年5月)
  • 増田 美里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 底質および魚介類中の塩素化ピレンとそのヒドロキシ誘導体の分析法の開発, 第27回環境化学討論会, 那覇. (2018年5月)
  • 三輪 春樹, 古川 美乃里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 高橋 ゆかり, ハウスダスト中の代替難燃剤の一斉分析法の検討, 第27回環境化学討論会, 那覇. (2018年5月)
  • 西尾 春菜, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 福島 靖弘, 鈴木 義浩, 榎本 孝紀, 多孔性チューブ型パッシブサンプラーにおけるVOCsのサンプリングレートの影響要因に関する研究, 第27回環境化学討論会, 那覇. (2018年5月)
  • 清 健人, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 加熱脱着-GC/MSを用いた粒子状塩素化多環芳香族炭化水素類(ClPAHs)分析法の開発, 第27回環境化学討論会, 那覇. (2018年5月)
  • 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, マニキュア液中に含まれるリン系化合物の経皮曝露を考慮した確率論的リスク評価スキームの構築, USフォーラム 2018, 静岡. (2018年4月)

その他の発表

  • 達 晃一, マイクロチャンバーを用いた材料から放散する化学物質の測定, Agilent GC/MS材料セミナー, 東京. (2018年7月)
  • 達 晃一, マイクロチャンバーを用いた材料から放散する化学物質の測定, Agilent GC/MS材料セミナー, 大阪. (2018年7月)
  • 徳村 雅弘, 自動車室内おける化学物質の実態とリスク評価, 技術情報協会主催講習会, 東京. (2018年4月)

その他の記事

  • 増田 美里, 瀬尾 真紀子, 前田 佐紀, 久原 里菜, 平成29年室内環境学会学術大会 学生懇親会実施報告, 21(1), 71-73, 2018.

著書

  • 田島 正弘, 熊澤 隆, 吉田 泰彦, 8章 酸化還元反応と化学反応の速さ(徳村担当), 理工系学生のための基礎化学, 培風館, 2018.

受賞

  • 第27回環境化学討論会 RSC(英国王立化学会)賞
    新堂 真生, 寺尾 琴音, 村松 孝亮, 徳村 雅弘, 王 斉, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 製品中難燃剤の直接接触に伴う経皮曝露量測定デバイスの基礎的検討 (2018年5月)
  • 平成29年室内環境学会学術大会 大会長奨励賞
    徳村 雅弘, 王 斉, 三宅 祐一, 甲斐 葉子, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 防炎カーテンに含まれる化学構造が未知である難燃剤の定性分析 (2017年12月)

共著の受賞

  • EXCELLENT PRESENTATION AWARD @WET2018
    Misato Masuda, Qi Wang, Masahiro Tokumura, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Determination of Chlorinated Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in Sediments (July, 2018).

2017年度

原著論文

  • Masahiro Tokumura, Yuichi Miyake, Qi Wang, Hayato Nakayama, Takashi Amagai, Sayaka Ogo, Kazunari Kume, Takeshi Kobayashi, Shinji Takasu, Kumiko Ogawa, Methods for the analysis of organophosphate flame retardants- A comparison among GC-EI-MS, GC-NCI-MS, LC-ESI-MS/MS, and LC-APCI-MS/MS, Journal of Environmental Science and Health, Part A, 53, 475-481, 2018. (Link)
  • Qi Wang, Yuichi Miyake, Masahiro Tokumura, Takashi Amagai, Yuichi Horii, Kiyoshi Nojiri, Nobutoshi Ohtsuka, Effects of characteristics of waste incinerator on emission rate of halogenated polycyclic aromatic hydrocarbon into environments, Science of the Total Environment, 625, 633-639, 2018. (Link)
  • Naohide Shinohara, Masahiro Tokumura, U Yanagi, Indoor fungal levels in temporary houses occupied following the Great East Japan Earthquake of 2011, Building and Environment, 129, 26-34, 2018. (Link)
  • Makoto Sekine, Masahiro Tokumura, Mohammad Raknuzzaman, Md. Kawser Ahmed, Muhammad Rafiqul Islam, Shigeki Masunaga, Development of Method for Quantitative Determination of Water Arsenic by Field Test Kit, Fundamental and Applied Agriculture, 3, 340-346, 2018. (Link)
  • Hiroshi Morikawa, Masato Minamoto, Yuuta Gorou, Jun-ichi Yamaguchi, Hisatoyo Morinaga, Suguru Motokucho, Two Diastereomers of d-Limonene-Derived Cyclic Carbonates from d-Limonene Oxide and Carbon Dioxide with a Tetrabutylammonium Chloride Catalyst, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 91, 92-94, 2018. (Link)
  • Yuichi Miyake, Masahiro Tokumura, Qi Wang, Takashi Amagai, Yuichi Horii, Kurunthachalam Kannan, Mechanism of Formation of Chlorinated Pyrene during Combustion of Polyvinyl Chloride, Environmental Science & Technology, 51, 14100-14106, 2017. (Link)
  • Makoto Sekine, Masahiro Tokumura, Mohammad Raknuzzaman, Md. Habibullah‒Al‒Mamun, Md. Kawser Ahmed, Muhammad Rafiqul Islam, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Shigeki Masunaga, Effect of Cooking on Arsenic Reduction in Two Rainfed Rice Varieties of Bangladesh and Their Health Risk Assessment, Chemical Science International Journal, 21, 1-7, 2017. (Link)
  • 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 堀井 勇一, 蓑毛 康太郎, 野尻 喜好, 大塚 宜寿, ハロゲン化多環芳香族炭化水素類(XPAHs)の廃棄物焼却施設からの年間排出量と大気中濃度への寄与度の推定, 環境科学会誌, 30, 336-345, 2017. (Link)
  • Yuichi Miyake, Masahiro Tokumura, Hayato Nakayama, Qi Wang, Takashi Amagai, Sayaka Ogo, Kazunari Kume, Takeshi Kobayashi, Shinji Takasu, Kumiko Ogawa, Kurunthachalam Kannan, Simultaneous Determination of Brominated and Phosphorus Flame Retardants in Flame-Retarded Polyester Curtains, Science of the Total Environment, 601–602, 1333-1339, 2017. (Link)
  • Yuichi Miyake, Masahiro Tokumura, Qi Wang, Takashi Amagai, Yuichi Horii, Rate of Hexabromocyclododecane Decomposition and Production of Brominated Polycyclic Aromatic Hydrocarbons During Combustion in a Pilot-scale Incinerator, Journal of Environmental Sciences, 61, 91-96, 2017. (Link)
  • Naohide Shinohara, Masahiro Tokumura, Kazuhiro Hashimoto, Katsuyoshi Asano, Yuji Kawakami, Fungal levels in houses in the Fukushima Daiichi nuclear power plant evacuation zone after the Great East Japan Earthquake, Journal of the Air & Waste Management Association, 67, 1106-1114, 2017. (Link)
  • Yuichi Miyake, Masahiro Tokumura, Yuta Iwazaki, Qi Wang, Takashi Amagai, Yuichi Horii, Hideyuki Otsuka, Noboru Tanikawa, Takeshi Kobayashi, Masahiro Oguchi, Determination of Hexavalent Chromium Concentration in Industrial Waste Incinerator Stack Gas by using a Modified Ion Chromatography with Post-column Derivatization Method, Journal of Chromatography A, 1502, 24–29, 2017. (Link)
  • Masakazu Makino, Naoko Nishina, Jun-ichi Aihara, Critical Evaluation of HOMA and MBL as Local Aromaticity Indices, Journal of Physical Organic Chemistry, 31, e3783, 2017. (Link)
  • Md. Saiful Islam, Md. Habibullah-Al-Mamun, Feng Ye, Masahiro Tokumura, Shigeki Masunaga, Chemical speciation of trace metals in the industrial sludge of Dhaka City, Bangladesh, Water Science and Technology, 76, 256-267, 2017. (Link)
  • Md. Habibullah-Al-Mamun, Md. Kawser Ahmed, Mohammad Raknuzzaman, Md. Saiful Islam, Mir Mohammad Ali, Masahiro Tokumura, Shigeki Masunaga, Occurrence and assessment of perfluoroalkyl acids (PFAAs) in commonly consumed seafood from the coastal area of Bangladesh, Marine Pollution Bulletin, 124, 775-785, 2017. (Link)
  • Toshiyuki Motokawa, Masakazu Makino, Katsuhiro Yamamoto, Hiroshi Takase, Shusaku Nagano, Yukiko Enomoto-Rogers, Tadahisa Iwata, Tatsumi Kawaguchi, Masato Sakaguchi, Chemical surface modification of aluminum oxide nanoparticles with graft copolymer of aluminum oxide and poly(isobutyl vinyl ether) mechanochemically synthesized in vacuum at low temperature, Advanced Powder Technology, 28(1), 266-279, 2017. (Link)
  • Yuichi Miyake, Masahiro Tokumura, Qi Wang, Zhiwei Wang, Takashi Amagai, Comparison of the Volatile Organic Compound Recovery Rates of Commercial Active Samplers for Evaluation of Indoor Air Quality in Work Environments, Air Quality, Atmosphere & Health, 10, 737-746, 2017.(Link)
  • 徳村 雅弘, 達 晃一, 畑山 瑠莉香, 益永 茂樹, 車載ウィンドウウォッシャー液を利用した車室内用簡易空気清浄法の実現可能性に関するモデル研究, 環境科学会誌, 30, 171-183, 2017. (Link)
  • 徳村 雅弘, 山取 由樹, 畑山 瑠莉香, 根岸 洋一, 益永 茂樹, 車室内ダスト中の指標元素を利用したFE-EPMAによる汚染物質のスクリーニングと起源解析, 環境科学会誌, 30, 34-43, 2017. (Link)
  • Masahiro Tokumura, Rurika Hatayama, Kouichi Tatsu, Toshiyuki Naito, Tetsuya Takeda, Mohammad Raknuzzaman, Md. Habibullah-Al-Mamun, Shigeki Masunaga, Organophosphate Flame Retardants in the Indoor Air and Dust in Cars in Japan, Environmental Monitoring and Assessment, 189: 48, 2017. (Link)

国際会議

  • Yuichi Miyake, Masahiro Tokumura, Hayato Nakayama, Qi Wang, Takashi Amagai, Kazunari Kume, Takeshi Kobayashi, Shinji Takasu, Kumiko Ogawa, Kurunthachalam Kannan, Determination of Novel Brominated and Phosphorus Flame Retardants in Flame-Retarded Curtains, Dioxin 2017, Vancouver, Canada. (August 2017)
  • Masahiro Tokumura, Qi Wang, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Development of Qualitative Analytical Method for Unidentified Flame Retardants in Flame-Retardant Curtains Purchased from Japanese Market, Dioxin 2017, Vancouver, Canada. (August 2017)
  • Misato Masuda, Qi Wang, Masahiro Tokumura, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, An Analytical Method for Polycyclic Aromatic Hydrocarbons and their Derivatives in Fish Oil Derived from Grilled Fish, Dioxin 2017, Vancouver, Canada. (August 2017)
  • Kotone Terao, Qi Wang, Masahiro Tokumura, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Kouich Tatsu, An Analytical Method for Alternative Flame Retardants in Chairs and Car Seats to Evaluate Direct Dermal Exposure from Interior Consumer Products, Dioxin 2017, Vancouver, Canada. (August 2017)
  • Minori Furukawa, Qi Wang, Masahiro Tokumura, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Yukari Takahashi, Alternative Flame Retardants in House Dust Collected from Residential Houses and Kindergartens in Japan, Dioxin 2017, Vancouver, Canada. (August 2017)
  • Masahiro Tokumura, Yuichi Miyake, Qi Wang, Yoko Kai, Takashi Amagai, Sayaka Ogo, Kazunari Kume, Takeshi Kobayashi, Shinji Takasu, Kumiko Ogawa, Risk Assessment of Novel Brominated and Phosphorus Flame Retardants in Indoor Dust, Healthy Buildings Europe 2017, Lublin, Poland. (July 2017)
  • Yuichi Miyake, Qi Wang, Masahiro Tokumura, Takashi Amagai, An analytical method for unidentified flame retardant in curtain, Healthy Buildings Europe 2017, Lublin, Poland. (July 2017)

国内会議

  • 村松 孝亮, 相内 博, 五老 祐大, 徳村 雅弘, 安保 貴永, 皆川 正和, 石橋 龍太郎, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 触媒併用型フォトフェントン反応の汚染物質除去メカニズムの解明, 第52回日本水環境学会年会, 札幌. (2018年3月)
  • 五老 祐大, 徳村 雅弘, 相内 博, 村松 孝亮, 牧野 正和, 促進酸化処理による有機リン殺虫剤クロルピリホスの分解・変換過程の解明と毒性評価, 第52回日本水環境学会年会, 札幌. (2018年3月)
  • 相内 博, 徳村 雅弘, 五老 祐大, 王 斉, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 塩素化多環芳香族炭化水素類(ClPAHs)とその誘導体の生体毒性評価, 第52回日本水環境学会年会, 札幌. (2018年3月)
  • 増田 美里, 相内 博, 徳村 雅弘, 五老 祐大, 王 斉, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 水生生物中のハロゲン化多環芳香族炭化水素及びその誘導体の分析法の開発, 第52回日本水環境学会年会, 札幌. (2018年3月)
  • 瀬尾 真紀子, 徳村 雅弘, 王 斉, 五老 祐大, 甲斐 葉子, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, マニキュア液中に含まれるリン系化合物の経皮曝露を考慮した確率論的リスク評価, 平成29年室内環境学会学術大会, 佐賀. (2017年12月)
  • 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, パッシブサンプラーを用いた室内空気中のグルタルアルデヒドおよびグリオキサール測定法の開発, 平成29年室内環境学会学術大会, 佐賀. (2017年12月)
  • 徳村 雅弘, 王 斉, 三宅 祐一, 甲斐 葉子, 雨谷 敬史, 防炎カーテンに含まれる化学構造が未知である難燃剤の定性分析, 平成29年室内環境学会学術大会, 佐賀. (2017年12月)
  • 古川 美乃里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 高橋 ゆかり, ハウスダストを介した代替難燃剤の曝露・リスク評価 -成人と幼稚園児の比較-, 平成29年室内環境学会学術大会, 佐賀. (2017年12月)
  • 寺尾 琴音, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 達 晃一, 車室内における代替難燃剤の汚染調査とリスク評価, 平成29年室内環境学会学術大会, 佐賀. (2017年12月)
  • 増田 美里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 調理中に発生する多環芳香族炭化水素およびその誘導体に関する研究, 平成29年室内環境学会学術大会, 佐賀. (2017年12月)
  • 瀬尾 真紀子, 徳村 雅弘, 王 斉, 五老 祐大, 甲斐 葉子, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, マニキュア液中の可塑剤のリスク評価, 富士山麓A&Sフェア2017, 沼津. (2017年11月)
  • 村松 孝亮, 徳村 雅弘, 小郷 沙矢香, 久米 一成, 王 斉, 五老 祐大, 甲斐 葉子, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 室内環境中の難燃剤の挙動調査, 富士山麓A&Sフェア2017, 沼津. (2017年11月)
  • 相内 博, 五老 祐大, 徳村 雅弘, 王 斉, 甲斐 葉子, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 環境中のハロゲン化多環芳香族炭化水素類の調査, 富士山麓A&Sフェア2017, 沼津. (2017年11月)
  • 五老 祐大, 徳村 雅弘, 牧野 正和, 有機リン系殺虫剤クロルピリフォスの分解挙動評価, 富士山麓A&Sフェア2017, 沼津. (2017年11月)
  • 寺尾 琴音, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 達 晃一, 車室内における代替難燃剤の汚染調査とリスク評価, 富士山麓A&Sフェア2017, 沼津. (2017年11月)
  • 増田 美里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 調理中に発生する多環芳香族炭化水素およびその誘導体に関する研究, 富士山麓A&Sフェア2017, 沼津. (2017年11月)
  • Yuta Goro, Masahiro Tokumura, Hiroshi Aiuchi, Kosuke Muramatsu, Makiko Seo, Masakazu Makino, Evaluation of decomposition behavior of organophosphorus insecticide Chlorpyrifos, 第22回 静岡健康・長寿学術フォーラム, 静岡. (2017年11月)
  • Kosuke Muramatsu, Masahiro Tokumura, Sayaka Ogo, Kazunari Kume, Yuta Goro, Wang Qi, Yuichi Miyake, Takasi Amagai, Masakazu Makino, Estimation of transfer amount of flame retardant from curtain to house dust, 第22回 静岡健康・長寿学術フォーラム, 静岡. (2017年11月)
  • Hiroshi Aiuchi, Masahiro Tokumura, Yuta Goro, Qi Wang, Yuichi Miyake, Takashi Amagai, Masakazu Makino, Synthesis of Analytical Standards of Chlorinated Polycyclic Aromatic HydrocarbonsUnintentionally Produced during Cooking, 第22回 静岡健康・長寿学術フォーラム, 静岡. (2017年11月)
  • 徳村 雅弘, 達 晃一, 内藤 敏幸, 益永 茂樹, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 車室内空気中の揮発性有機化合物とアルデヒド類の実態調査とリスク評価, 自動車技術会 2017年秋季大会学術講演会, 大阪. (2017年10月)
  • 達 晃一, 内藤 敏幸, 徳村 雅弘, 星野 邦広, 岩崎 貴普, 臼井 信介, 神野 秀人, 田辺 新一, 加藤 信介, パッシブ法による車室内SVOC 成分の定量評価手法に関する研究, 自動車技術会 2017年秋季大会学術講演会, 大阪. (2017年10月)
  • 水越 厚史, 東 賢一, 野口 美由貴, 山崎 章弘, 徳村 雅弘, 奥村 二郎, プラスチック溶融時排ガスと大気中オゾンとの反応生成物の測定, 第58回大気環境学会年会, 兵庫. (2017年9月)
  • 瀬尾 真紀子, 徳村 雅弘, 王 斉, 甲斐 葉子, 三宅祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, マニキュア液中に含まれる可塑剤のリスクトレードオフ解析, 環境科学会 2017年会, 北九州. (2017年9月)
  • 古川 美乃里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 高橋 ゆかり, 一般住宅と幼稚園におけるハウスダスト中の代替難燃剤の実態調査およびリスク評価, 環境科学会 2017年会, 北九州. (2017年9月)
  • 寺尾 琴音, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 達 晃一, カーシート中難燃剤の経皮曝露量の推定, 環境科学会 2017年会, 北九州. (2017年9月)
  • 増田 美里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 食品中の多環芳香族炭化水素およびその誘導体の分析, 環境科学会 2017年会, 北九州. (2017年9月)
  • 徳村 雅弘, 新田 しおり, 山口 里奈, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, パーソナルケア製品に含まれる防腐剤の複合曝露評価―成人女性と幼児の複合曝露量の比較―, 第26回日本臨床環境医学会学術集会, 東京. (2017年6月)
  • 達 晃一, 徳村 雅弘, 星野 邦広, 岩崎 貴普, パッシブ法による高沸点成分の評価手法に関する研究, 第26回環境化学討論会, 静岡. (2017年6月)
  • Ye Feng, 徳村 雅弘, 益永 茂樹, 下水処理場におけるペルフルオロアルキル酸とそれらの前駆体の挙動, 第26回環境化学討論会, 静岡. (2017年6月)
  • 瀬尾 真紀子, 徳村 雅弘, 王 斉, 甲斐 葉子, 三宅祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 経皮曝露量の推算のためのマニキュア液中リン系化合物の実態調査, 第26回環境化学討論会, 静岡. (2017年6月)
  • 古川 美乃里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 高橋 ゆかり, 一般住宅と幼稚園におけるハウスダスト中の代替難燃剤の実態調査, 第26回環境化学討論会, 静岡. (2017年6月)
  • 寺尾 琴音, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 達 晃一, 直接曝露評価のための室内製品における代替難燃剤の分析法開発と実態調査, 第26回環境化学討論会, 静岡. (2017年6月)
  • 三宅 祐一, 徳村 雅弘, 岩崎 悠太, 王 斉, 雨谷 敬史, 小林 剛, 小口 正弘, 廃棄物焼却排ガス中六価クロムの測定法開発と排出濃度調査, 第26回環境化学討論会, 静岡. (2017年6月)
  • 新田 しおり, 山口 里奈, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, パーソナルケア製品中のパラベン類の複合曝露量の推算―成人女性と幼児の複合曝露複合曝露量の比較―, 第26回環境化学討論会, 静岡. (2017年6月)
  • 五老 祐大, 宮代 悠希, 徳村 雅弘, 山田 建太, 牧野 正和, AChE阻害作用能に基づく有機リン系化合物の新規評価方法に関する研究, 第26回環境化学討論会, 静岡. (2017年6月)
  • 増田 美里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 魚油を含む食品中の多環芳香族炭化水素とその誘導体の分析法の検討, 第26回環境化学討論会, 静岡. (2017年6月)
  • 王 志偉, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 福島 靖弘, 鈴木 義浩, 榎本 孝紀, 市販の捕集剤による作業環境及び一般環境における揮発性有機化合物(VOC)の回収率に関する検討, 第26回環境化学討論会, 静岡. (2017年6月)
  • 王 斉, 三宅 祐一, 徳村 雅弘, 雨谷 敬史, 堀井 勇一, 実験炉を用いたヘキサブロモシクロドデカンの燃焼に伴う非意図的な臭素化多環芳香族炭化水素類の生成, 第26回環境化学討論会, 静岡. (2017年6月)
  • 徳村 雅弘, 王 斉, 三宅 祐一, 甲斐 葉子, 雨谷 敬史, 小郷 沙矢香, 久米 一成, 小林 剛, 高須 伸二, 小川 久美子, 化学構造が未知である難燃剤を含めた防炎カーテン中の臭素系およびリン系難燃剤の実態調査, 第26回環境化学討論会, 静岡. (2017年6月)
  • 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 岩崎 悠太, 王 斉, 雨谷 敬史, 堀井 勇一, 大塚 英幸, 谷川 昇, 小林 剛, 小口 正弘, 産業廃棄物焼却施設からの排ガス中の六価クロム濃度の測定-IC-DPC法の改良による高感度化-, 平成29年度 廃棄物資源循環学会 春の研究発表会, 川崎. (2017年6月)

その他の発表

  • 徳村 雅弘, 鉄を使った排水処理技術, 三菱ケミカル 社内講演会, 豊橋. (2018年3月)
  • 徳村 雅弘, 優秀研究企画賞受賞記念講演: バングラデシュの高濃度複合汚染排水のリスク評価と現地で適応可能な除去技術の開発, 公益社団法人 環境科学会 2017年会, 北九州. (2017年9月)
  • 三宅 祐一, 徳村 雅弘, 製品中の代替難燃剤の実態調査とハウスダスト経由の曝露・リスク評価, 公益社団法人 環境科学会 2017年会, 北九州. (2017年9月)
  • 徳村 雅弘, バングラデシュの環境汚染の現状とリスク低減対策の提案, 静岡県立大学 レギュラトリーサイエンス研究会, 静岡. (2017年1月)

その他の記事

  • 寺尾 琴音, 古川 美乃里, 増田 美里, 安心して暮らせる大気・室内環境を目指して 静岡県立大学 食品栄養科学部 環境生命科学科 大気環境研究室(雨谷 敬史 教授, 三宅 祐一 助教, 徳村 雅弘 特任助教), 20(2), 76, 2017.

受賞

  • 平成29年室内環境学会学術大会 優秀ポスター賞
    瀬尾 真紀子, 徳村 雅弘, 王 斉, 五老 祐大, 甲斐 葉子, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, マニキュア液中に含まれるリン系化合物の経皮曝露を考慮した確率論的リスク評価 (2017年12月)
  • 環境科学会 2017年会 優秀発表賞(富士電機賞)
    瀬尾 真紀子, 徳村 雅弘, 王 斉, 甲斐 葉子, 三宅祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, マニキュア液中に含まれる可塑剤のリスクトレードオフ解析 (2017年9月)
  • 第26回環境化学討論会 優秀発表賞
    瀬尾 真紀子, 徳村 雅弘, 王 斉, 甲斐 葉子, 三宅祐一, 雨谷 敬史, 牧野 正和, 経皮曝露量の推算のためのマニキュア液中リン系化合物の実態調査 (2017年6月)
  • 平成29年度 春の研究発表会(廃棄物資源循環学会)優秀ポスター賞
    徳村 雅弘, 三宅 祐一, 岩崎 悠太, 王 斉, 雨谷 敬史, 堀井 勇一, 大塚 英幸, 谷川 昇, 小林 剛, 小口 正弘, 産業廃棄物焼却施設からの排ガス中の六価クロム濃度の測定-IC-DPC法の改良による高感度化- (2017年6月)

共著の受賞

  • 富士山麓A&Sフェア2017 ポスター発表優秀賞
    寺尾 琴音, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 達 晃一,車のシート中に含まれる代替難燃剤のリスク評価 (2017年11月)
  • 富士山麓A&Sフェア2017 ポスター発表優秀賞
    増田 美里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史,食品の焦げに含まれる多環芳香族炭化水素誘導体に関する研究 (2017年11月)
  • 環境科学会 2017年会 最優秀発表賞(富士電機賞)
    古川 美乃里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 高橋 ゆかり, 一般住宅と幼稚園におけるハウスダスト中の代替難燃剤の実態調査およびリスク評価 (2017年9月)
  • 第26回環境化学討論会 優秀発表賞
    増田 美里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 魚油を含む食品中の多環芳香族炭化水素とその誘導体の分析法の検討 (2017年6月)
  • 第26回環境化学討論会 優秀発表賞
    王 斉, 三宅 祐一, 徳村 雅弘, 雨谷 敬史, 堀井 勇一, 実験炉を用いたヘキサブロモシクロドデカンの燃焼に伴う非意図的な臭素化多環芳香族炭化水素類の生成 (2017年6月)
  • 第26回環境化学討論会 英国王立化学会(RSC)賞
    古川 美乃里, 王 斉, 徳村 雅弘, 三宅 祐一, 雨谷 敬史, 高橋 ゆかり, 一般住宅と幼稚園におけるハウスダスト中の代替難燃剤の実態調査 (2017年6月)