ページトップ

お知らせ

トップページ > お知らせ > 2017年度 環境サマースクール

2017年度 環境サマースクール

環境生命科学科では環境サマースクールを開催致します。

食品のおかげで人は生きています。その食品は環境の中で育てられます。環境を良いものにするのは人で、食品、環境、人は互いに支えられています。環境サマースクールでは、高校生を対象に食品を作る微生物の検査、呼吸や燃焼で環境中に排出される物質の評価というテーマで、実際に体験実習を行います。この機会に、環境と食品、健康についてより深く考えてみませんか?また、この機会に、環境生命科学科の研究室をのぞいてみましょう。

■日時および場所

8/1(火)午前:研究室訪問
植物環境研究室、物性化学研究室、大気環境研究室、水質・土壌環境研究室、光環境生命科学研究室、環境微生物学研究室、生態発生遺伝学研究室、環境工学研究室

8/1(火)午後~8/2(水)体験実習
1. DNAの傷を観る:皮膚細胞への紫外線照射でできるDNAの傷を抗体を使って検出します。
2. レアメタルを集める微生物:水に溶けているレアメタルを微生物で回収し、水の浄化を学びます。
3. 空気の調べ方:大気中の有害物質を調査する方法を体験します。
4. 光る生き物の謎:発光生物の光る仕組みと食品・環境研究への利用法を体験します。
5. 植物の香り成分を抽出しはかろう:ハーブ植物の香りを水蒸気蒸留法で抽出します。どんな物質が含まれるかを調べる分析も少しだけやってみます。
6. 環境浄化と食品、化粧品の意外な関係:排水処理の実験を通して、食品や化粧品の抗酸化作用の仕組みについて体験します。
7. 野生メダカの遺伝的多様性:遺伝子を用いて野生メダカの地域型を判定することで、野生生物の遺伝的多様性の重要性を学びます。
8. 清水港の重金属汚染を調べてみよう:清水港内でサンプリングした底泥の重金属濃度をICP発光分析装置で測定し、清水港の重金属汚染を調べます。

※駐車場はありませんので、公共の交通機関をご利用ください 

■参加費:無料

■対象者:高校生、30名 (先着順)

■申込み方法、注意点
申込みフォームhttps://service.qubo.jp/amagai1431/form/index/280b7600b )
より、氏名、住所(保険用)、電話番号(保険用)、高校名、学年、メールアドレス、希望実習番号をお知らせ下さい。定員30名(先着順)
申込み期限は7月20日です。
実習にあたり、保険に加入していただきます。(無料、こちらで手続きします)。
体験したい実験を8つのテーマから選択(第1希望で3つ、第2希望で2つ選択)お願い致します。

2017summer

申込みフォーム

■お問い合わせ先

静岡県立大学食品栄養科学部環境生命科学科 雨谷敬史

電話:054-264-5798

E-mail:amagai@u-shizuoka-ken.ac.jp

 


  • サイトマップ
  • 関連サイト
  • お問合わせ一覧
  • アクセス
ページの先頭へ