ページトップ

1 生命科学を基盤とした教育と研究

食品成分の機能性や個人ごとの栄養摂取量の提案など、「食と健康」に関して大きな関心が寄せられています。また、地球規模での食糧生産や食品の安心・安全の問題、環境汚染の問題等、「環境と健康」に関して多くの解決すべき課題があります。これらの課題に取り組むため、本学部では学際的な生命科学を基盤とした体系的な教育と研究を展開しています。

2 三学科の緊密な連携

食品生命科学科は、栄養学を深く理解した食品研究者・食品技術者の養成を、栄養生命科学科は、食品学を完全に習得した管理栄養士の養成を、環境生命科学科は、食の安全性とヒトの健康科学を理解した環境研究者・環境技術者の養成をそれぞれの目標にしています。三学科は、共通の講義や研究室間の共同研究などの緊密な連携体制をとっており、人材育成と研究の両面で成果をあげています。

3 活躍する卒業生

食品生命科学科の卒業生は食品会社を中心とした民間会社に就職して、食品製造、品質管理、商品開発に従事し、栄養生命科学科の卒業生は食品 会社、病院、学校等で栄養士あるいは管理栄養士の資格を活かして活躍しています。環境生命科学科では、環境計量士の資格や環境科学の知識を 活かして、環境の分析や食品の開発にかかわる民間会社や公務員として活躍しています。

関連リンク:食品生命科学科栄養生命科学科環境生命科学科進路状況

4 語学教育を強化

三学科とも、1-2年次の英語科目(8単位)はネイティブスピーカーが担当するオーラルコミュニケーションとTOEIC対策中心の科目です。さらに、食品生命科学科は、食品生命科学英語(専門書の講読、プレゼンテーション)、栄養生命科学科は、栄養生命科学英語(専門書の講読)をそれぞれ増設し、環境生命科学科は、環境科学英語(文法、科学英語)と環境生命科学英語(専門書の講読など)をカリキュラムに取り入れ、専門的・実践的な英語能力の習得を図っています。

関連リンク:履修科目一覧

5 充実した設備とインターンシップ

本学部の大学院組織である食品栄養科学専攻は、文部科学省21世紀COEプログラム(2002年度採択)、同グローバルCOEプログラム(2007年度採択) の中核専攻の一つでした。また、2009年より独立法人科学技術振興機構(JST)の地域結集型研究開発プログラムにも参画しています。これらのプロ グラムにより研究設備の充実が図られ、「食と健康」に関する優れた教育と研究が展開されています。また、企業や病院でのインターンシップや臨地 実習などの充実を図っています。

関連リンク:教育施設等

このように、大学院食品栄養科学専攻と併せて、本学部 は教育・研究の質の高さと就職率・就職先、あるいは管理栄養士の国家試験における合格率において極めて高い実績を残しております。


  • サイトマップ
  • 関連サイト
  • お問合わせ一覧
  • アクセス
ページの先頭へ