ページトップ

「食と健康の科学」を究め、健康長寿への道を拓こう !

何をどのように食べるのかは、私たちが楽しく健康に暮すこと、すなわち「人生の質」に直結しています。そのため、「食」に対する社会の関心はますます高まっています。 食品栄養科学部は、食品生命科学科、栄養生命科学科、環境生命科学科の3学科で構成されており、ヒトの健康維持に「食」が果たす役割を、そしてより良い「食」環境を創造する方策を、食品科学、生命科学、環境科学の観点から探求しています。

この学部で学ぶことにより、「食」に関する幅広い知識が身につくのみならず、「食」と健康の関連性、「食」や健康を取り巻く環境の問題を科学的に追究し、論理的に思考する能力や、変革の時代に挑戦できる能力、持続可能でより良い社会を創造できる能力など、これからの社会において求められる力を身につけることができます。本学部を卒業する学生が社会で輝き続けられるよう、教員一同が切磋琢磨しながら教育力・研究力を高め、一丸となって皆様を応援していきます。

食品栄養科学部長 三浦進司

食品栄養科学部長
三浦進司



  • サイトマップ
  • 関連サイト
  • お問合わせ一覧
  • アクセス
ページの先頭へ