静岡県立大学 食品栄養科学部

栄養化学研究室

Laboratory of Nutritional biochemistry

school of food and nutritional sciences

University of Shizuoka

 
 

生物は生きて行くために、絶えず外界から栄養素を摂取し、それを代謝していかなければなりません。また様々な環境変化に対して、生体は代謝を調節しながら恒常性を維持しています。栄養化学では、食や運動といった環境変化に対してどのように生体反応(代謝)を調節して恒常性を維持しているのかを分子レベル、細胞レベル、個体レベルで理解し、疾病予防や健康増進に役立てることを目指しています。        

 

栄養化学

NEWS & TOPICS (2018年度)

2018/6/17-19 文科省新学術領域研究「脂質クオリティが解き明かす生命現象」の領域会議に参加しました。

2018/6/9-12 ISA2018で大学院生がYoung Investigator Fellowshipsを受賞しました。

2018/5/29 大学院月例セミナーに国立国際医療研究センターの進藤先生をお招きしました。

2018/5/11-13 第72回日本栄養・食糧学会大会にて研究成果を発表しました。

2018/4/11 花王産学連携講座(H26-H29)と実施した共同研究の成果が、PLoS ONEに掲載されました。

2018/4/3 長崎大学との共同研究の成果をまとめた論文が、FASEB Jに受理されました。

2018/4/1 新年度スタート

HOME    NEWS    RESEARCH    MEMBER    PUBLICATION    RECRUITMENT    ACCESS    LINK    OB&OG    English