ページトップ

お知らせ

トップページ > お知らせ > Food Labo×Concheが桜をイメージしたチョコケーキを共同開発

Food Labo×Concheが桜をイメージしたチョコケーキを共同開発

本学の学生サークル Food Labo が、伊藤圭祐准教授(食品化学研究室)20200402 伊藤圭祐先生 news20200401-2
の指導の下、静岡唯一のクラフトチョコレート専門店 Conche とともに、春の桜をイメージしたチョコレートケーキ「テオブロマ〜クマリン〜」を共同開発しました。

チョコ生地にラズベリー入りのホワイトチョコ、静岡県産抹茶を合わせ、甘さと酸っぱさとほろ苦さが絶妙なバランス。桜の木をイメージしたおいしいケーキに仕上げました。

46日(月曜日)から草薙キャンパスの売店、Conche 店舗で販売開始します。ぜひご賞味ください。

 

<どうして春にチョコレート?>

チョコに含まれるテオブロミンという成分には、気分をリラックスさせ、満足感、幸福感が得られる他、記憶力・集中力・運動パフォーマンスを上げる効果などが報告されています。新しいことを始める春にピッタリです。

 

【関連リンク】

学生サークルFood Labo
Twitter https://twitter.com/food_labo_(外部サイトへリンク)
Instagram https://www.instagram.com/food_labo/(外部サイトへリンク)

 

クラフトチョコレート専門店 Conche ウェブサイト
https://www.conche.net(外部サイトへリンク)

 

食品化学研究室ウェブサイト
http://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/foodchem/(外部サイトへリンク)

 

静岡県立大学 ニュース
学生らが県立大のレンガと芝生園地をモチーフにしたチョコを開発(201996日)>


  • サイトマップ
  • 関連サイト
  • お問合わせ一覧
  • アクセス
ページの先頭へ