食品栄養科学部 環境生命科学科 物性化学研究室

物性化学研究室

ようこそ、静岡県立大学 物性化学研究室のホームページへ。

静岡県立大学 食品栄養科学部 環境生命科学科 物性化学研究室では、身近な環境に潜む化学物質のリスク評価について研究を行っております。

お知らせお知らせ(去年度のお知らせはこちらから)

  • 2018年6月20日

    村松くんの誕生日会をやりました

  • 2018年6月11日

    徳村 助教が共著の論文がパブリッシュされました

    論文題目:
    Identification of Novel Phosphorus-Based Flame Retardants in Curtains Purchased in Japan Using Orbitrap Mass Spectrometry

    雑誌名:
    Environmental Science & Technology Letters
  • 2018年6月11日

    徳村 助教が共著の論文がパブリッシュされました

    論文題目:
    Study on the quantitative evaluation method of SVOC in a vehicle cabin using the passive method

    雑誌名:
    Journal of the Human-Environment System
  • 2018年6月8日

    沖縄の会を開催しました

        
  • 2018年6月5日

    環境の日にちなんだイベントを行いました

        
  • 2018年5月22日

    新堂さんが第27回環境化学討論会@那覇にて、「RSC(英国王立化学会)賞」を受賞しました

    受賞研究題目:
    製品中難燃剤の直接接触に伴う経皮曝露量測定デバイスの基礎的検討

      
  • 2018年5月22日

    村松くん、宮崎くんが那覇で開かれた第27回環境化学討論会にて、下記の研究発表を行いました

    発表題目(村松):
    触媒併用型フォトフェントン反応による汚染物質除去機構の反応速度論的解析

    発表題目(宮崎):
    バングラデシュにおけるコメのヒ素および重金属汚染の実態調査

     

     
  • 2018年5月22日

    徳村 助教が共著の研究が、第27回環境化学討論会@那覇にて、発表されました

    発表題目1:
    底質および魚介類中の塩素化ピレンとそのヒドロキシ誘導体の分析法の開発

    発表題目2:
    ハウスダスト中の代替難燃剤の一斉分析法の検討

    発表題目3:
    多孔性チューブ型パッシブサンプラーにおけるVOCsのサンプリングレートの影響要因に関する研究

    発表題目4:
    加熱脱着-GC/MSを用いた粒子状塩素化多環芳香族炭化水素類(ClPAHs)分析法の開発
  • 2018年5月11日

    学科の縦コンがありました

              
  • 2018年5月9日

    昨年卒業した相内くんと瀬尾さんが来ました

     
  • 2018年4月5日

    入学式がありました
    村松くん、入学おめでとう

                  
  • 2018年4月2日

    お花見をしました

     

スマートフォン版