食品栄養科学部 環境生命科学科 物性化学研究室

物性化学研究室

ようこそ、静岡県立大学 物性化学研究室のホームページへ。

静岡県立大学 食品栄養科学部 環境生命科学科 物性化学研究室では、身近な環境に潜む化学物質のリスク評価について研究を行っております。

お知らせお知らせ(過去のお知らせ:2017年度 2018年度

  • 2019年6月12日

    船水さんと村松くんが第28回環境化学討論会@埼玉にて、「日本環境化学会賞」を受賞しました

    受賞研究題目(船水):
    有機リン殺虫剤クロルピリホスの環境動態解明を志向した脱塩素化体の合成と神経毒性評価

    受賞研究題目(村松):
    フォトフェントン反応によるメタン発酵廃液の処理

      
  • 2019年6月12日

    村松くん、宮崎くん、新堂さん、大石さん、船水さん、鰐川さんが、埼玉で開かれた第28回環境化学討論会にて、下記の研究発表を行いました

    発表題目(村松):
    フォトフェントン反応によるメタン発酵廃液の処理

    発表題目(宮崎):
    バングラデシュにおけるコメ中ヒ素および重金属汚染低減策の提案とその影響予測

    発表題目(新堂):
    三次元組織ヒト表皮モデルを用いた製品との直接接触によるリン系難燃剤の経皮曝露量評価

    発表題目(大石):
    室内製品中に含まれるリン系難燃剤の経皮曝露量評価デバイスの改良

    発表題目(船水):
    有機リン殺虫剤クロルピリホスの環境動態解明を志向した脱塩素化体の合成と神経毒性評価

    発表題目(鰐川):
    促進酸化法を用いた排水中PPCPsの分解除去実験における分析法の検討


     

     


            
  • 2019年6月12日

    徳村助教が共著の研究が、第28回環境化学討論会@埼玉にて、日本環境化学会賞を受賞しました

    受賞研究題目1:
    魚試料中のPAHsおよびハロゲン化PAHsのヒドロキシ誘導体の分析方法に関する検討

    受賞研究題目2:
    多孔性チューブ型パッシブサンプラーにおける揮発性有機化合物(VOCs)のサンプリングレートの検討
  • 2019年6月12日

    徳村 助教が共著の研究が、第28回環境化学討論会@埼玉にて、発表されました

    発表題目1:
    ジブチルアミン含浸シリカゲルを用いたイソシアネートの測定法の開発

    発表題目2:
    LC-APPI-MS/MSを用いた環境サンプル中臭素化多環芳香族炭化水素の分析法の検討

    発表題目3:
    規制対象の多環芳香族炭化水素類 (PAHs) に対応した網羅的分析法の開発

    発表題目4:
    魚試料中のPAHsおよびハロゲン化PAHsのヒドロキシ誘導体の分析方法に関する検討

    発表題目5:
    塩素化多環芳香族炭化水素類の代謝生成物の新規合成とhAhRα活性評価

    発表題目6:
    多孔性チューブ型パッシブサンプラーにおける揮発性有機化合物(VOCs)のサンプリングレートの検討

    発表題目7:
    カーシート中に含まれる主要代替難燃剤の実態調査 〜経皮曝露評価を行うべき物質の検索〜
  • 2019年5月29日

    東京都環境科学研究所の西野 貴裕先生にご講演頂きました

    講演題目:
    国内水環境における化学物質の汚染実態調査事例について
    ‐地方環境研究所の貢献という視点から‐

             
  • 2019年4月26日

    学会の要旨提出のお疲れ様会と就活お疲れ様会をしました

             
  • 2019年4月22日

    徳村 助教が共著の論文がパブリッシュされました

    論文題目:
    Simultaneous determination of polycyclic aromatic hydrocarbons and their chlorinated derivatives in grilled foods

    雑誌名:
    Ecotoxicology and Environmental Safety
  • 2019年4月9日

    宮崎くん、新堂さんが大学院に入学しました

        
  • 2019年4月5日

    環境生命科学科でお花見をしました

             

              

             

スマートフォン版