栄養生命科学科のポリシー

求めている人材

教育方針イメージ

栄養科学の専門家として、病院、行政、小中学校等において活躍する管理栄養士や栄養教諭、また、高度な専門知識や能力を身につけ、研究者や指導的立場を担う管理栄養士を目指す上で、基礎および専門的な知識や実践的能力を身につけたいと思う人材を求めています。


人材育成

食を通して健康の増進と保健・医療へ貢献し、健康と長寿を支える栄養科学の専門家及び管理栄養士を育成することを目的としています。本学科で編成された教育課程において学修し、所定の期間在学して卒業に必要な単位を修得した者は、「学士(食品栄養科学)」の学位が授与されます。


教育方針

1~2年次には、全学共通科目や化学、生物、英語などの基礎科目を学びます。2~3年次には、生化学、解剖生理学、調理学、栄養学、栄養教育論、公衆栄養学、臨床栄養学、給食経営管理論などの専門科目を、実験や実習とともに学びます。4 年次には、研究室に配属されて卒業研究を行い、卒業論文をまとめて発表します。