研究室紹介Laboratory

HOME>学科紹介>研究室紹介

研究室紹介

食品物理学研究室

食品の構造と物性の関係を解き明かす
タンパク質,脂質,炭水化物による構造形成とその制御
(主任)准教授/本同宏成  
https://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/foodphys/

食品のおいしさにとって舌触りや歯ごたえといったテクスチャーはとても重要です。食品を構成するタンパク質、脂質、炭水化物によって作られる構造を観察し、食品の物性との関係を明らかにすると同時に、新たな構造の創出および物性の制御を目指しています。